[2Q決算]<2928>RIZAPの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、RIZAPの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 426円→296円 (-30.5%)
 修正余地 -1,656円 (-84.9%)

 理論上限 541円/上限余地 -72.3%
 株価診断 [超割高] 倒産確率 0.0%

 * * *


m2928_20171114
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 1,952円 296円 (52円+244円) -84.9%
1年前 407円 435円 (32円+403円) +6.9%
2年前 376円 189円 (26円+163円) -49.8%
3年前 183円 42円 (14円+28円) -77.1%
4年前 50円 18円 (9円+9円) -64.0%

RIZAPの資産価値は4年前の9円から52円に増加し、
事業価値は、9円から244円へ拡大しました。
この期間の株価は、50円から1,952円(理論株価は18円→296円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-64.0%から-84.9%へと低下しました。

RIZAPの株価は割高のメドとなる理論上限を大きく上回っています。
株価と理論上限に連動性が認められる場合もありますが、
株価だけ大きく上昇した場合は、天井サインとなります。

また、RIZAPの理論株価は事業価値の比率が82.5%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[大リストラ]<8411>みずほFGの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、みずほFGの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 171円→183円 (+7.0%)
 修正余地 -18円 (-9.0%)

 理論上限 217円/上限余地 +8.0%
 株価診断 [適正] 倒産確率 0.0%

 * * *


m8411_20171113
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 201円 183円 (170円+13円) -9.0%
1年前 203円 173円 (159円+14円) -14.8%
2年前 249円 193円 (177円+16円) -22.5%
3年前 205円 172円 (159円+13円) -16.1%
4年前 215円 163円 (149円+14円) -24.2%

みずほFGの資産価値は4年前の149円から170円に増加し、
事業価値は、14円から13円へ推移しています。
この期間の株価は、215円から201円(理論株価は163円→183円)に下落しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-24.2%から-9.0%へと改善しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

成長株長期投資<第93回>商品・サービス価値と長期投資

はっしゃんです。

「成長株長期投資」のエントリーは、
成長株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績
 評価額:8741万円
 基準比:+6441万円(+149%)

corp_s

 今週は決算週のピーク。
 引き続き主力株を中心に強い展開で、
 高値圏で値動きの荒い相場でした。

 S社は1Qを上回る好決算でしたが、
 株価が既に上昇していたこともあり、
 利益確定が優勢で大きく売られました。(涙)

 もっとも、S社の成長は加速しつつあり、
 見切り発車していた株価の調整も含め、
 長期投資としては順調です。

今日は「商品・サービス価値と長期投資」について

商品でもサービスでも、
ターゲット層を広げれば広げるほど、
ニーズは曖昧になり、
より多くのライバルと競合することになる。

スケールメリットがこれを上回る場合は、
ロープライスで勝負できる。

逆にターゲット層を絞り込めば、
競争相手は少なくなるが
市場パイそのものが小さくなる。

市場が小さい場合でも、
ニーズをとらえ商品・サービス価値を
差別化することでプライスを上乗せできる。
さらに、改善を重ねることで
競合が真似できないオンリーワンを狙える。

おおむね前者が強者の戦略であり、
後者は弱者の戦略となる。

 * * *

スケールメリットはグローバル化、IT化の時代。
海外拠点を活用し、またAIを利用することで、
世界規模で効率化できる。

差別化の追求はイノベーションを産み、
商品・サービス価値を再定義する。
新しい価値の前に、既存価値は破壊される。

エクセレントカンパニーは、
スケールメリットとイノベーションの
2つを同時に成し遂げ、
新しい商品・サービスを世に問う。

世界的にIT勝ち組へ富が集中し、
その影響が大きくなる中、
市場経済下では、無数の競争が続いている。

 * * *

企業の成長エンジンは、
商品・サービス価値の優位性であり、
競合との差別化である。

AmazonやiPhoneの新サービスに
触れるように、投資先企業の
商品・サービス価値を知ることは、
長期投資のキーポイントになる。

成長企業への長期投資は、
商品・サービス価値の分析と、
その検証の繰り返しなのだから。

株価の値動きだけでなく、
その裏の企業価値や差別化ポイントを理解し、
分析し続けることで、
長期投資の成功率は少しずつ
向上していくように思う。(笑)

あなたは、投資先企業の
商品・サービス価値を見ていますか?
株価を見ているだけですか。

日付 S社 TOPIX
評価額(万円) 損益額(万円) 基準比 終値 基準比
<第93回>2017/11/11 8741 +6441 +149% 1800 +9%
<第92回>2017/11/03 1億245 +6441 +191% 1794 +9%
<第91回>2017/10/27 9799 +6281 +179% 1771 +8%
<第90回>2017/10/20 9889 +6372 +181% 1730 +5%
<第80回>2017/08/11 8318 +4801 +137% 1617 -2%
<第70回>2017/05/26 6650 +3133 +89% 1569 -5%
<第60回>2017/03/17 5072 +1672 +49% 1565 -5%
<第50回>2016/12/30 3958 +1151 +41% 1518 -8%
<第40回>2016/07/29 3101 +294 +11% 1322 -20%
<第30回>2016/03/04 3206 +399 +12% 1375 -17%
<第20回>2015/12/04 3444 +637 +23% 1574 -4%
<第10回>2015/09/25 2979 +172 +6% 1453 -12%
<第1回>2015/07/30 2807 0 0% 1647 0%

基準比は第1回、53回、66回をベースとした変動率です。(小数点以下は四捨五入)

[2Q決算]<9432>NTTの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、NTTの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 7,175円→8,327円 (+16.1%)
 修正余地 +2,575円 (+44.8%)

 理論上限 13,596円/上限余地 +136.4%
 株価診断 [割安] 倒産確率 0.0%

 * * *


m9432_20171110
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 5,752円 8,327円 (3,058円+5,269円) +44.8%
1年前 4,625円 5,721円 (2,780円+2,941円) +23.7%
2年前 4,486円 4,584円 (2,685円+1,899円) +2.2%
3年前 3,446円 3,931円 (2,409円+1,522円) +14.1%
4年前 2,545円 3,576円 (2,192円+1,384円) +40.5%

NTTの資産価値は4年前の2,192円から3,058円に増加し、
事業価値は、1,384円から5,269円へ拡大しました。
この期間の株価は、2,545円から5,752円(理論株価は3,576円→8,327円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+40.5%から+44.8%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[2Q決算]<6502>東芝の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、東芝の理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 1円→1円 (0.0%)
 修正余地 -312円 (-99.7%)

 理論上限 1円/上限余地 -99.7%
 株価診断 [超割高] 倒産確率 30.0%

 * * *


m6502_20171109
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 313円 1円 (1円+0円) -99.7%
1年前 425円 179円 (48円+131円) -57.9%
2年前 301円 145円 (145円+0円) -51.9%
3年前 528円 313円 (158円+155円) -40.8%
4年前 442円 235円 (128円+107円) -46.9%

東芝の資産価値は4年前の128円から1円に減少し、
事業価値は、107円から0円へ縮小しています。
この期間の株価は、442円から313円(理論株価は235円→1円)に下落しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-46.9%から-99.7%へと低下しました。

東芝の株価は割高のメドとなる理論上限を大きく上回っています。
株価と理論上限に連動性が認められる場合もありますが、
株価だけ大きく上昇した場合は、天井サインとなります。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[下方修正]<7201>日産自の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、日産自の理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 1,394円→1,333円 (-4.38%)
 修正余地 +214円 (+19.1%)

 * * *


m7201_20171108
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 1,119円 1,333円 (783円+550円) +214円(+19.1%)
1年前 1,057円 1,472円 (660円+812円) +415円(+39.3%)
2年前 1,315円 1,525円 (762円+763円) +210円(+16.0%)
3年前 1,109円 1,164円 (662円+502円) +55円(+5.0%)
4年前 936円 993円 (592円+401円) +57円(+6.1%)

日産自の資産価値は4年前の592円から783円に増加し、
事業価値は、401円から550円へ拡大しました。
この期間の株価は、936円から1,119円(理論株価は993円→1,333円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+6.1%から+19.1%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[上方修正]<7203>トヨタの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、トヨタの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 8,041円→10,036円 (+24.81%)
 修正余地 +2,853円 (+39.7%)

 * * *


m7203_20171107
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 7,183円 10,036円 (3,942円+6,094円) +2,853円(+39.7%)
1年前 6,649円 7,215円 (3,525円+3,690円) +566円(+8.5%)
2年前 7,657円 10,656円 (3,514円+7,142円) +2,999円(+39.2%)
3年前 7,314円 9,209円 (3,169円+6,040円) +1,895円(+25.9%)
4年前 6,380円 7,733円 (2,742円+4,991円) +1,353円(+21.2%)

トヨタの資産価値は4年前の2,742円から3,942円に増加し、
事業価値は、4,991円から6,094円へ拡大しました。
この期間の株価は、6,380円から7,183円(理論株価は7,733円→10,036円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+21.2%から+39.7%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[2Q決算]<9984>ソフトバンクの理論株価チャート分析

[2Q決算]<9984>ソフトバンクの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ソフトバンクの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 1,970円→2,728円 (+38.48%)
 修正余地 -7,217円 (-72.6%)

 * * *


m9984_20171106
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 9,945円 2,728円 (2,268円+460円) -7,217円(-72.6%)
1年前 6,712円 6,807円 (1,167円+5,640円) +95円(+1.4%)
2年前 6,537円 7,521円 (1,514円+6,007円) +984円(+15.1%)
3年前 7,963円 4,345円 (1,290円+3,055円) -3,618円(-45.5%)
4年前 8,290円 5,755円 (811円+4,944円) -2,535円(-30.6%)

ソフトバンクの資産価値は4年前の811円から2,268円に増加し、
事業価値は、4,944円から460円へ縮小しています。
この期間の株価は、8,290円から9,945円(理論株価は5,755円→2,728円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-30.6%から-72.6%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

成長株長期投資<第92回>読まない本と長期投資

はっしゃんです。

「成長株長期投資」のエントリーは、
成長株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績
 評価額:1億245万円
 基準比:+6441万円(+191%)

corp_s

 国内、海外市場とも決算発表が続いており、
 好業績を発表した銘柄を中心に
 強い相場が続いています。

 今週はS社も少し買われて、
 週末高値を更新しています。

今日は「読まない本と長期投資」について

本を買うのは簡単です。
お金を出せば誰でも買えます。

でも、本を読むのは
簡単ではありません。
時間と集中が必要です。

なんとなく買ってしまった
読まない本はありませんか?

本を所有していることに
満足しているコレクターに
なっていませんか?

 * * *

1つの銘柄と深く付き合う長期投資は、
本の中でも愛読書とよく似た関係です。

でも、長期投資で分析していない銘柄は、
読まない本と同じでもったいないと思います。

業界のこと、経営のこと、将来性・・・
1つの銘柄から学べることはたくさんあります。

最初は1社からでもよいので、
自分なりに調査・研究して、
愛読書を作ってみましょう。

銘柄を分析するということは、
その会社や業界を繰り返し学んで理解し、
1つの知恵・あるいはスキルを
身につけていくということです。

投資家として成長するためには、
この知恵・スキルが重要だと思います。
お金では決して買えないものですから。

どの銘柄でどれだけ儲かったではなく、
投資した銘柄から何を学べたか。
お金だけではなく、これからの自分にとって
どれだけプラスになっているかを
よく考えてみましょう。

株式投資という学びの場を通じて、
あなたは知恵を身につけて、
スキルアップ出来ていますか?

それとも、本を買って
持っているだけですか?
ただお金儲けをしているだけですか?(笑)

日付 S社 TOPIX
評価額(万円) 損益額(万円) 基準比 終値 基準比
<第92回>2017/11/03 1億245 +6441 +191% 1794 +9%
<第91回>2017/10/27 9799 +6281 +179% 1771 +8%
<第90回>2017/10/20 9889 +6372 +181% 1730 +5%
<第80回>2017/08/11 8318 +4801 +137% 1617 -2%
<第70回>2017/05/26 6650 +3133 +89% 1569 -5%
<第60回>2017/03/17 5072 +1672 +49% 1565 -5%
<第50回>2016/12/30 3958 +1151 +41% 1518 -8%
<第40回>2016/07/29 3101 +294 +11% 1322 -20%
<第30回>2016/03/04 3206 +399 +12% 1375 -17%
<第20回>2015/12/04 3444 +637 +23% 1574 -4%
<第10回>2015/09/25 2979 +172 +6% 1453 -12%
<第1回>2015/07/30 2807 0 0% 1647 0%

基準比は第1回、53回、66回をベースとした変動率です。(小数点以下は四捨五入)

[上方修正]<9202>ANAHDの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ANAHDの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 2,789円→6,781円 (+143.13%)
 修正余地 +2,323円 (+52.1%)

 * * *


m9202_20171101
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 4,458円 6,781円 (1,906円+4,875円) +52.1%
1年前 3,173円 3,188円 (1,530円+1,658円) +0.5%
2年前 3,465円 2,310円 (1,528円+782円) -33.4%
3年前 2,922円 1,796円 (1,498円+298円) -38.6%
4年前 2,070円 1,438円 (1,364円+74円) -30.6%

ANAHDの資産価値は4年前の1,364円から1,906円に増加し、
事業価値は、74円から4,875円へ拡大しました。
この期間の株価は、2,070円から4,458円(理論株価は1,438円→6,781円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-30.6%から+52.1%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。