成長株長期投資<第86回>イチロー選手と長期投資

はっしゃんです。

「成長株長期投資」のエントリーは、
成長株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績
 評価額:9397万円
 基準比:+5880万円(+167%)

corp_s

 今週は解散総選挙や日本郵政株などの思惑から大型株相場となり、
 TOPIXが企画開始直後以来、約2年ぶりに基準比プラ転。
 中小型株は売られ、S社も反落。再び調整色が強くなりました。

 今日は「イチロー選手と長期投資」について

 イチロー選手は、
 ヒットを打つことではなく
 いいバッティングをすること
 を心がけているそうです。

 いいバッティングをしても
 結果が出ないこともありますが、
 それは良しとする。

 逆に、いいバッティングが
 できていないのに
 好結果になる場合は、
 なぜいいバッティングが
 できないのか考えて修正する。

 いいバッティングを追及していけば、
 結果は後からついてくるという考え方ですね。

 結果で満足してしまえば、
 そこで進歩が止まってしまいますし、
 ヒットや打率ばかり気にしていては、
 大事な本質を見失ってしまう。

 株式投資における長期投資にも
 似たようなところがあります。
 長期投資は、将来の企業価値を追求するゲームです。

 あくまでベースは企業価値であり、業績です。
 株価は業績の後からついてくるという考え方ですね。

 株価は投資成績という結果をもたらしますが、
 結果で満足してしまえば、
 そこで進歩が止まってしまいますし、
 株価や材料ばかり気にしていては、
 大事な本質を見失ってしまう。

 ここ数年は結果の出やすい環境でしたが、
 「いいバッティング」を心がけたいものです。(自戒)

日付 S社 TOPIX
評価額(万円) 損益額(万円) 基準比 終値 基準比
<第86回>2017/09/22 9397 +5880 +167% 1664 1%
<第85回>2017/09/15 1億147 +6630 +189% 1638 -1%
<第84回>2017/09/08 9852 +6335 +180% 1593 -3%
<第83回>2017/09/01 1億139 +6622 +188% 1619 -2%
<第82回>2017/08/25 9987 +6470 +184% 1596 -3%
<第81回>2017/08/18 1億81 +6564 +187% 1597 -3%
<第80回>2017/08/11 8318 +4801 +137% 1617 -2%
<第70回>2017/05/26 6650 +3133 +89% 1569 -5%
<第60回>2017/03/17 5072 +1672 +49% 1565 -5%
<第50回>2016/12/30 3958 +1151 +41% 1518 -8%
<第40回>2016/07/29 3101 +294 +11% 1322 -20%
<第30回>2016/03/04 3206 +399 +12% 1375 -17%
<第20回>2015/12/04 3444 +637 +23% 1574 -4%
<第10回>2015/09/25 2979 +172 +6% 1453 -12%
<第1回>2015/07/30 2807 0 0% 1647 0%

基準比は第1回、53回、66回をベースとした変動率です。(小数点以下は四捨五入)

[1Q好調]<3391>ツルハHDの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ツルハHDの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 9,280円→10,717円 (+15.48%)

 * * *


m3391_20170919
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 13,560円 10,717円 (2,546円+8,171円) -21.0%
1年前 11,640円 8,726円 (2,311円+6,415円) -25.1%
2年前 10,290円 5,797円 (2,049円+3,748円) -43.7%
3年前 6,100円 6,194円 (1,762円+4,432円) +1.5%
4年前 4,330円 4,939円 (1,569円+3,370円) +14.1%

ツルハHDの資産価値は4年前の1,569円から2,546円に増加し、
事業価値は、3,370円から8,171円へ拡大しました。
この期間の株価は、4,330円から13,560円(理論株価は4,939円→10,717円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+14.1%から-21.0%へと低下しました。

また、ツルハHDの理論株価は事業価値の比率が76.2%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

成長株長期投資<第85回>ダイヤ原石と長期投資

はっしゃんです。

「成長株長期投資」のエントリーは、
成長株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績
 評価額:1億147万円
 基準比:+6630万円(+189%)

corp_s

 今週も北朝鮮からミサイルが飛んできましたが、
 海外、国内市場とも上昇しました。
 S社も2週間ぶりに週末高値を更新。

 今日は「ダイヤ原石と長期投資」について

 長期投資で成功する方法の1つに
 ダイヤ原石を見つける方法があります。
 この方法が難しいのは、
 原石がダイヤの形をしていないからです。

 そりゃ、本物のダイヤが落ちていたら
 誰でも拾いますよね。
 でも、ダイヤ原石は 「石ころ」にしか
 見えないのです。

 新興市場は「石ころ」を集めてきて
 将来のダイヤモンドだ!
 と言って売買しているところです。
 安く買えますが偽物だったら大損です。

 本物のダイヤは時間をかけて磨くと、
 どんどん綺麗になり人気がでます。

 5倍、10倍になるダイヤもありますが、
 とても長い時間が必要になるので
 多くの人は少し儲かると売ってしまいます。

 かつて自分が投資していた銘柄を
 見直してみてください。
 数倍以上のダイヤもあるかと思います。

 よい品を見つけたら手放さず、
 できるだけ長く付き合うことが肝要です。
 続けることで本物を見る目も養われます。
 光っているダイヤは、お金持ちにまかせて、
 磨けば光りそうな「石ころ」を探しましょう。(笑)

日付 S社 TOPIX
評価額(万円) 損益額(万円) 基準比 終値 基準比
<第85回>2017/09/15 1億147 +6630 +189% 1638 -1%
<第84回>2017/09/08 9852 +6335 +180% 1593 -3%
<第83回>2017/09/01 1億139 +6622 +188% 1619 -2%
<第82回>2017/08/25 9987 +6470 +184% 1596 -3%
<第81回>2017/08/18 1億81 +6564 +187% 1597 -3%
<第80回>2017/08/11 8318 +4801 +137% 1617 -2%
<第70回>2017/05/26 6650 +3133 +89% 1569 -5%
<第60回>2017/03/17 5072 +1672 +49% 1565 -5%
<第50回>2016/12/30 3958 +1151 +41% 1518 -8%
<第40回>2016/07/29 3101 +294 +11% 1322 -20%
<第30回>2016/03/04 3206 +399 +12% 1375 -17%
<第20回>2015/12/04 3444 +637 +23% 1574 -4%
<第10回>2015/09/25 2979 +172 +6% 1453 -12%
<第1回>2015/07/30 2807 0 0% 1647 0%

基準比は第1回、53回、66回をベースとした変動率です。(小数点以下は四捨五入)

[下方修正]<3665>エニグモの理論株価チャート分析

[下方修正]<3665>エニグモの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、エニグモの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 1,752円→1,425円 (-18.66%)

 * * *


m3665_20170913
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 1,615円 1,425円 (131円+1,294円) -11.8%
1年前 2,016円 1,720円 (86円+1,634円) -14.7%
2年前 999円 94円 (94円+0円) -90.6%
3年前 1,100円 886円 (84円+802円) -19.5%
4年前 1,240円 866円 (57円+809円) -30.2%

エニグモの資産価値は4年前の57円から131円に増加し、
事業価値は、809円から1,294円へ拡大しました。
この期間の株価は、1,240円から1,615円(理論株価は866円→1,425円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-30.2%から-11.8%へと改善しました。

また、エニグモの理論株価は事業価値の比率が90.8%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[今期増額]<3193>鳥貴族の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、鳥貴族の理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 1,022円→2,139円 (+109.30%)

 * * *


m3193_20170913
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 2,677円 2,139円 (355円+1,784円) -20.1%
1年前 2,582円 1,701円 (311円+1,390円) -34.2%
2年前 2,267円 889円 (262円+627円) -60.8%
3年前 1,052円 611円 (132円+479円) -42.0%

鳥貴族の資産価値は3年前の132円から355円に増加し、
事業価値は、479円から1,784円へ拡大しました。
この期間の株価は、1,052円から2,677円(理論株価は611円→2,139円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
3年間に-42.0%から-20.1%へと改善しました。

また、鳥貴族の理論株価は事業価値の比率が83.4%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[3Q好調]<3038>神戸物産の理論株価チャート分析

[上方修正]<3038>神戸物産の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、神戸物産の理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 2,876円→3,410円 (+18.57%)

 * * *


m3038_20170912
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 5,810円 3,410円 (621円+2,789円) -41.4%
1年前 2,793円 905円 (489円+416円) -67.6%
2年前 5,405円 1,485円 (552円+933円) -72.6%
3年前 1,035円 853円 (463円+390円) -17.6%
4年前 598円 732円 (383円+350円) +22.4%

神戸物産の資産価値は4年前の383円から621円に増加し、
事業価値は、350円から2,789円へ拡大しました。
この期間の株価は、598円から5,810円(理論株価は732円→3,410円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+22.4%から-41.4%へと低下しました。

また、神戸物産の理論株価は事業価値の比率が81.8%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

成長株長期投資<第84回>理論と実践の違い

はっしゃんです。

「成長株長期投資」のエントリーは、
成長株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績
 評価額:9852万円
 基準比:+6335万円(+180%)

corp_s

 今週は北朝鮮の核実験から、
 積極的に買えない相場でした。
 S社も下げて企画枠は再度の1億円割れ。

 今日は「理論と実践の違い」について。

 「写真入門」という本を読んでも、
 それで写真撮影が上手くなるとは限らない。

 「フォークボールの投げ方」という本を読んでも、
  誰もがフォークボールを投げられる訳ではない。

 何が足りないのか?
 練習、失敗からの学び、繰り返し、実践。

 本なんか読まなくても、
 練習すれば、誰でも自転車には乗れる。

 株式投資の本はたくさんあるが、
 読むだけでは役に立たないと思った方がよい。
 読んだ後で、何をするかの方が重要だし、
 新しいことを始めれば、失敗して当たり前。

 投資に必要なことは見せかけの知識ではない。
 それを会得するための練習、失敗の積み重ね。

 つまり、実践>理論です。(笑)

日付 S社 TOPIX
評価額(万円) 損益額(万円) 基準比 終値 基準比
<第84回>2017/09/08 9852 +6335 +180% 1593 -3%
<第83回>2017/09/01 1億139 +6622 +188% 1619 -2%
<第82回>2017/08/25 9987 +6470 +184% 1596 -3%
<第81回>2017/08/18 1億81 +6564 +187% 1597 -3%
<第80回>2017/08/11 8318 +4801 +137% 1617 -2%
<第70回>2017/05/26 6650 +3133 +89% 1569 -5%
<第60回>2017/03/17 5072 +1672 +49% 1565 -5%
<第50回>2016/12/30 3958 +1151 +41% 1518 -8%
<第40回>2016/07/29 3101 +294 +11% 1322 -20%
<第30回>2016/03/04 3206 +399 +12% 1375 -17%
<第20回>2015/12/04 3444 +637 +23% 1574 -4%
<第10回>2015/09/25 2979 +172 +6% 1453 -12%
<第1回>2015/07/30 2807 0 0% 1647 0%

基準比は第1回、53回、66回をベースとした変動率です。(小数点以下は四捨五入)

[上方修正]<7956>ピジョンの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ピジョンの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 2,716円→3,100円 (+14.14%)

 * * *


m7956_20170904
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 4,185円 3,100円 (356円+2,744円) -26.0%
1年前 3,040円 2,164円 (305円+1,859円) -28.9%
2年前 2,783円 2,089円 (297円+1,792円) -25.0%
3年前 2,070円 1,550円 (233円+1,317円) -25.2%
4年前 1,607円 1,180円 (210円+970円) -26.6%

ピジョンの資産価値は4年前の210円から356円に増加し、
事業価値は、970円から2,744円へ拡大しました。
この期間の株価は、1,607円から4,185円(理論株価は1,180円→3,100円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-26.6%から-26.0%へと推移しました。

また、ピジョンの理論株価は事業価値の比率が88.5%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

成長株長期投資<第83回>長期投資と短期投資の違い

はっしゃんです。

「成長株長期投資」のエントリーは、
成長株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績
 評価額:1億139万円
 基準比:+6622万円(+188%)

corp_s

 今週は国内、海外とも反発しましたが、
 大型株は動きが鈍く中小型株が買われました。
 S社も週末ベースでの高値を更新。
 企画枠で2週間ぶりに大台復帰しました。

 今日は長期投資と短期投資について。

 短期投資は取引を重ねれば重ねるほど、
 投資家個人のスキルが投資成績に反映されます。
 投資の才能がある人が結果を残します。

 一方、長期投資は 長く持てば持つほど、
 投資先の業績や成長性が投資成績に反映されます。
 それは経営者の能力や従業員の努力の積み重ねです。

 短期投資には、天賦の才能と
 取引数に比例した労働時間(笑)が必要です。

 長期投資に必要なのは資金と時間だけです。
 資金が活用されて実際に社会の役に立ったか。
 経済的に価値のあるものが成長してくという
 シンプルな資本主義経済への参加です。

 つまり、資本>労働です。(笑)

日付 S社 TOPIX
評価額(万円) 損益額(万円) 基準比 終値 基準比
<第83回>2017/09/01 1億139 +6622 +188% 1619 -2%
<第82回>2017/08/25 9987 +6470 +184% 1596 -3%
<第81回>2017/08/18 1億81 +6564 +187% 1597 -3%
<第80回>2017/08/11 8318 +4801 +137% 1617 -2%
<第70回>2017/05/26 6650 +3133 +89% 1569 -5%
<第60回>2017/03/17 5072 +1672 +49% 1565 -5%
<第50回>2016/12/30 3958 +1151 +41% 1518 -8%
<第40回>2016/07/29 3101 +294 +11% 1322 -20%
<第30回>2016/03/04 3206 +399 +12% 1375 -17%
<第20回>2015/12/04 3444 +637 +23% 1574 -4%
<第10回>2015/09/25 2979 +172 +6% 1453 -12%
<第1回>2015/07/30 2807 0 0% 1647 0%

基準比は第1回、53回、66回をベースとした変動率です。(小数点以下は四捨五入)

[下方修正]<9783>ベネッセHDの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ベネッセHDの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 1,149円→1,205円 (+4.87%)

 * * *


m9783_20170901
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 4,215円 1,205円 (1,140円+65円) -71.5%
1年前 2,574円 1,143円 (1,143円+0円) -55.6%
2年前 3,195円 1,465円 (1,303円+162円) -54.2%
3年前 3,600円 1,732円 (1,324円+408円) -51.9%
4年前 3,570円 2,883円 (1,356円+1,527円) -19.3%

ベネッセHDの資産価値は4年前の1,356円から1,140円に減少し、
事業価値は、1,527円から65円へ縮小しています。
この期間の株価は、3,570円から4,215円(理論株価は2,883円→1,205円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-19.3%から-71.5%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。