[下方修正]<6036>KeePerの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、KeePerの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 1,630円→813円 (-50.1%)
 修正余地 -627円 (-43.6%)

 理論上限 1,402円/上限余地 -2.7%
 株価診断 [割高] 倒産確率 0.0%

 * * *


m6036_20180523
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 1,440円 813円 (225円+588円) -43.6%
1年前 1,217円 761円 (198円+563円) -37.5%
2年前 864円 628円 (191円+437円) -27.4%
3年前 707円 522円 (159円+363円) -26.2%

KeePerの資産価値は3年前の159円から225円に増加し、
事業価値は、363円から588円へ拡大しました。
この期間の株価は、707円から1,440円(理論株価は522円→813円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
3年間に-26.2%から-43.6%へと低下しました。

KeePerの株価は割高のメドとなる理論上限を上回っています。
株価と理論上限が連動して上昇する場合もありますが、
株価だけ大きく上振れした場合は、天井サインとなります。

また、KeePerの理論株価は事業価値の比率が72.4%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[4Q決算]<4901>富士フイルムの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、富士フイルムの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 6,164円→5,604円 (-9.1%)
 修正余地 +1,299円 (+30.2%)

 理論上限 7,825円/上限余地 +81.8%
 株価診断 [やや割安] 倒産確率 0.0%

 * * *


m4901_20180518
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 4,305円 5,604円 (3,383円+2,221円) +30.2%
1年前 4,038円 4,560円 (3,262円+1,298円) +12.9%
2年前 4,502円 4,871円 (3,192円+1,679円) +8.2%
3年前 4,754円 4,326円 (3,241円+1,085円) -9.1%
4年前 2,628円 3,713円 (2,935円+778円) +41.3%

富士フイルムの資産価値は4年前の2,935円から3,383円に増加し、
事業価値は、778円から2,221円へ拡大しました。
この期間の株価は、2,628円から4,305円(理論株価は3,713円→5,604円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+41.3%から+30.2%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[4Q決算]<2928>RIZAPの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、RIZAPの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 342円→1,094円 (+219.9%)
 修正余地 -596円 (-35.3%)

 理論上限 2,121円/上限余地 +25.5%
 株価診断 [やや割高] 倒産確率 0.0%

 * * *


m2928_20180515
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 1,690円 1,094円 (67円+1,027円) -35.3%
1年前 508円 600円 (40円+560円) +18.1%
2年前 418円 605円 (30円+575円) +44.7%
3年前 502円 54円 (18円+36円) -89.3%
4年前 76円 32円 (14円+18円) -57.9%

RIZAPの資産価値は4年前の14円から67円に増加し、
事業価値は、18円から1,027円へ拡大しました。
この期間の株価は、76円から1,690円(理論株価は32円→1,094円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-57.9%から-35.3%へと改善しました。

また、RIZAPの理論株価は事業価値の比率が93.9%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

成長株長期投資<第112回>決算分析とチャート分析と長期投資

はっしゃんです。

「成長株長期投資」のエントリーは、
成長株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績
 評価額:1億516万円
 基準比:+7000万円(+199%)

corp_s

今週は決算発表を受けて
堅調な展開でしたが、
今期見通しには慎重な企業も多く、
伸び悩んでいる印象でした。

発表前のS社は小動きでした。

 * * *

今日は「決算分析とチャート分析と長期投資」について。

自分で投資先を分析・予測しながら、
企業の成長をできるだけ長く見守り続ける
というのが長期投資のサイクルです。

企業が成長しているというのは、
1.売上が増え続ける
2.利益が増え続ける
3.資産が増え続ける
ということです。

また、理論株価は資産や利益に比例しますから、
4.理論株価が上昇し続ける
ことになります。

株価は短期的には需給で決まるので、
行き過ぎや暴落の影響を受けますが、
理論株価の右肩上がりの上昇と、
株価との連動性を見ることが、
長期投資を続ける一助になります。

 * * *

四半期ごとに発表される決算は、
企業の成長を数字で確認する
重要なイベントです。

決算結果次第で成長シナリオが
変わってくるケースもあり、
株価が大きく動くこともあります。

決算分析というと「難しい」
と思うかもしれませんが、
最低限の項目を見るだけでも、
長期投資の判断は十分可能です。

実は、はっしゃんは、定量分析では、
決算短信の1ページ目の数字
しか見ていません。(笑)

理論株価は1ページ目の数値を
拾うだけで計算できるからです。

 理論株価=資産価値+事業価値
  資産価値=BPS×割引率
  事業価値=EPS×ROA×150×財務レバレッジ

チェックしている項目は、
・利益 (経常利益or税引前利益)
・株主資本 (純資産)
・自己資本比率
の3項目です。

これに加え、BPSとEPSの計算に
発行済み株式数が必要ですが、
簡易的に純利益と1株純利益から求めます。
これを加えても5項目です。

※EPSは特別収支が計上される最終利益ではなく、
 税引前利益に推定実効税率を乗じて計算します。

kessan7551_1

以上をExcelシートにまとめると、
5年分で次のようになります。

kessan7551_2

ここから資産価値と事業価値、理論上限を計算すると、
いつも紹介している理論株価チャートになります。

理論株価計算の詳細については、
 「理論株価と長期投資
のコラムを参考にしてみてください。

kessan7551_3

はっしゃんは、長期投資では、
決算分析は、深く見るより、長く見る方が、
より重要だと考えています。

ポイントは右肩上がりの成長の持続性と、
株価と理論株価の連動性です。

 * * *

さて、長期投資を長く続けると、
成長倒れになった銘柄が淘汰され、
長期間に渡り成長が続いている銘柄が、
手元に残っていくことになります。

それらの理論株価チャートは、
なぜか、よく似た形になります。
どのような形かというと・・・

kessan_choki

のように株価と理論株価が
右肩上がりで連動したチャートです。

理論株価と株価が連動するということは、
決算数字から見てもチャートから見ても
結局、同じことではないかと。(笑)

長期投資では、決算分析とチャート分析は、
実は、表裏一体と言えると思います。

ありがたいことです。

日付 S社 TOPIX
評価額(万円) 損益額(万円) 基準比 終値 基準比
<第112回>2018/05/11 1億516 +7000 +199% 1794 +9%
<第111回>2018/04/27 1億639 +7122 +203% 1777 +8%
<第110回>2018/04/20 1億500 +6983 +199% 1751 +6%
<第100回>2018/01/19 8536 +5019 +143% 1889 +15%
<第90回>2017/10/20 9889 +6372 +181% 1730 +5%
<第80回>2017/08/11 8318 +4801 +137% 1617 -2%
<第70回>2017/05/26 6650 +3133 +89% 1569 -5%
<第60回>2017/03/17 5072 +1672 +49% 1565 -5%
<第50回>2016/12/30 3958 +1151 +41% 1518 -8%
<第40回>2016/07/29 3101 +294 +11% 1322 -20%
<第30回>2016/03/04 3206 +399 +12% 1375 -17%
<第20回>2015/12/04 3444 +637 +23% 1574 -4%
<第10回>2015/09/25 2979 +172 +6% 1453 -12%
<第1回>2015/07/30 2807 0 0% 1647 0%

基準比は第1,53,66回をベースとした変動率です。(小数点以下は四捨五入)

[1Q決算]<4911>資生堂の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、資生堂の理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 1,749円→6,432円 (+267.8%)
 修正余地 -776円 (-10.8%)

 理論上限 12,123円/上限余地 +68.2%
 株価診断 [適正] 倒産確率 0.0%

 * * *


m4911_20180511
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 7,208円 6,432円 (742円+5,690円) -10.8%
1年前 3,728円 2,200円 (677円+1,523円) -41.0%
2年前 2,925円 936円 (679円+257円) -68.0%
3年前 2,496円 807円 (667円+140円) -67.7%
4年前 1,711円 926円 (585円+341円) -45.9%

資生堂の資産価値は4年前の585円から742円に増加し、
事業価値は、341円から5,690円へ拡大しました。
この期間の株価は、1,711円から7,208円(理論株価は926円→6,432円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-45.9%から-10.8%へと改善しました。

また、資生堂の理論株価は事業価値の比率が88.5%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[4Q決算]<2371>カカクコムの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、カカクコムの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 2,155円→2,540円 (+17.9%)
 修正余地 +285円 (+12.6%)

 理論上限 4,961円/上限余地 +120.0%
 株価診断 [適正] 倒産確率 0.0%

 * * *


m2371_20180510
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 2,255円 2,540円 (120円+2,420円) +12.6%
1年前 1,577円 2,305円 (131円+2,174円) +46.2%
2年前 2,100円 2,249円 (118円+2,131円) +7.1%
3年前 1,935円 1,836円 (91円+1,745円) -5.2%
4年前 1,781円 1,536円 (88円+1,448円) -13.8%
5年前 1,227円 1,164円 (64円+1,100円) -5.2%

カカクコムの資産価値は5年前の64円から120円に増加し、
事業価値は、1,100円から2,420円へ拡大しました。
この期間の株価は、1,227円から2,255円(理論株価は1,164円→2,540円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
5年間に-5.2%から+12.6%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[最高決算]<7203>トヨタの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、トヨタの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 10,430円→9,697円 (-7.0%)
 修正余地 +2,273円 (+30.6%)

 理論上限 15,239円/上限余地 +105.3%
 株価診断 [やや割安] 倒産確率 0.0%

 * * *


m7203_20180509
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 7,424円 9,697円 (4,156円+5,541円) +30.6%
1年前 5,932円 6,875円 (3,795円+3,080円) +15.9%
2年前 5,783円 6,829円 (3,560円+3,269円) +18.1%
3年前 8,604円 10,708円 (3,468円+7,240円) +24.5%
4年前 5,761円 8,354円 (2,967円+5,387円) +45.0%
5年前 6,010円 6,200円 (2,493円+3,707円) +3.2%

トヨタの資産価値は5年前の2,493円から4,156円に増加し、
事業価値は、3,707円から5,541円へ拡大しました。
この期間の株価は、6,010円から7,424円(理論株価は6,200円→9,697円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
5年間に+3.2%から+30.6%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[4Q決算]<4680>ラウンドワンの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ラウンドワンの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 673円→1,161円 (+72.5%)
 修正余地 -590円 (-33.7%)

 理論上限 1,905円/上限余地 +8.8%
 株価診断 [やや割高] 倒産確率 0.0%

 * * *


m4680_20180508
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 1,751円 1,161円 (417円+744円) -33.7%
1年前 1,141円 626円 (374円+252円) -45.2%
2年前 747円 510円 (339円+171円) -31.8%
3年前 593円 576円 (393円+183円) -2.9%
4年前 680円 779円 (393円+386円) +14.6%

ラウンドワンの資産価値は4年前の393円から417円に増加し、
事業価値は、386円から744円へ拡大しました。
この期間の株価は、680円から1,751円(理論株価は779円→1,161円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+14.6%から-33.7%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[1Q決算]<2914>JTの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、JTの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 3,722円→4,019円 (+8.0%)
 修正余地 +1,133円 (+39.3%)

 理論上限 7,017円/上限余地 +143.1%
 株価診断 [やや割安] 倒産確率 0.0%

 * * *


m2914_20180501
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 2,886円 4,019円 (1,021円+2,998円) +39.3%
1年前 4,161円 4,339円 (951円+3,388円) +4.3%
2年前 4,402円 4,260円 (927円+3,333円) -3.3%
3年前 4,540円 4,037円 (875円+3,162円) -11.1%
4年前 3,444円 3,286円 (965円+2,321円) -4.6%

JTの資産価値は4年前の965円から1,021円に増加し、
事業価値は、2,321円から2,998円へ拡大しました。
この期間の株価は、3,444円から2,886円(理論株価は3,286円→4,019円)に下落しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-4.6%から+39.3%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

成長株長期投資<第111回>月次情報と長期投資

はっしゃんです。

「成長株長期投資」のエントリーは、
成長株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績
 評価額:1億639万円
 基準比:+7122万円(+203%)

corp_s

今週は海外は不安定でしたが、
国内はNYと連動しない感じで、
円安進行もあり堅調でした。

いよいよ決算発表が始まり、
株価も動き出しましたね。

S社は小動きでした。

 * * *

今日は「月次情報と長期投資」について。

上場企業は、市場から常に
 「成長期待のプレッシャー」
を受けています。

株主期待に応えるために、
無理して拡大路線を突き進んだ結果、
失敗してしまうケースは数多くあります。

一転赤字とか、いきなり下方修正とか、
保有している企業の業績が悪化して、
株価暴落を経験した方も多いでしょう。

期待されていた新規事業や新商品が
うまく立ち上がらず会社自体が傾いて
しまうことも少なくありません。

株価は業績と連動するので、
決算次第で大きく動くこともありますが、
投資家が企業の成長計画について
判断する機会は決算だけではありません。

 * * *

長期投資では節目節目で業績を分析・予測し、
長期的視野で判断するスキルが重要です。

新規事業が上手く運んでいるのか。
新商品が売れているのか。
短期的な成果を長期で判断するとどうか。

成長を狙った長期投資では、
成功すれば大きな伸びが期待できるものの、
失敗すると大きな損失となる局面で、
投資判断を要求されていることになります。

長期投資に不可欠な業績予測スキルの1つに、
「月次情報の活用」があります。

 * * *

通常の企業は、四半期毎に決算を発表しますが、
月次単位で業績速報を公表している企業もあります。

月次情報を公開している企業は、
小売業やサービス業に多いのが特徴ですが、
より精度の高い分析・予測が可能となりますので、
積極的に情報活用していきましょう。

公開されている月次情報は企業によってマチマチですが、
店舗型企業では、おおむね下のようなものです。
・全店売上、累計売上 (前年同月比)
・既存店売上 (前年同月比)
・店舗数、新店情報

 まず、全店売上(前年同月比)の数字から、
売上の進捗状況を確認します。
 月次が企業の売上目標を上回っていれば順調。
下回っていれば注意となります。
 累計が出ている場合は合わせて確認します。

 次に既存店売上をチェックします。
新店に客が入るのは当たり前ですが、
一定期間経過した既存店舗の好不調が、
利益の重要なバロメータとなります。
(新店は出店コストが高いため利益は低くなる)

 店舗数や新店情報もあれば確認します。
店舗営業の売上や利益は店舗数に比例します。
 好調な企業は出店を前倒しにしますが、
問題があれば、出店を遅らせたり、退店します。
 計画と比べて好調なら、業績も期待できますし、
問題があるようなら注意が必要です。

 また、全店、既存店は前年同月比の数値なので、
去年がどうだったかも確認しておきます。
 これは、月次業績が天候やヒット商品の有無などの
影響を大きく受けるためです。
 例えば、前年同月が台風や大雪で業績不振だった場合、
業績の好調が期待できますが、それは一過性のもので、
持続性があるとは限りませんよね。

 さらに同業他社比較も重要です。
 投資先に競合企業がある場合は、ライバル会社の
月次業績もチェックしておきましょう。
 仮に投資先の月次が好調でも、ライバル会社の方が
さらに好調な場合は、あまり評価されないかもしれません。

 最後に株価との比較も確認しておきましょう。
 月次業績+50%と絶好調の会社があったとしても、
株価が前年同月+200%だったとしたら、
上昇余地は少ないかもしれません。(笑)

 * * *

はっしゃんが月次情報投資を始めた15年前は、
月次情報から決算を予測して先回り買いすることで
利益を得ることもできていたのですが、
今や月次情報は投資家が知っていて当たり前の
情報になっています。(笑)

月次発表翌日に株価が大きく動くことも多く、
知らないと逆に不利になりますので、
投資先企業に月次情報があれば、
必ずチェックしておきましょう。

最後にはっしゃんが監修している
 月次情報WEB
というサイトで250社以上の月次情報や
業種別ランキングを確認できますので活用ください。

ありがたいことです。

日付 S社 TOPIX
評価額(万円) 損益額(万円) 基準比 終値 基準比
<第111回>2018/04/27 1億639 +7122 +203% 1777 +8%
<第110回>2018/04/20 1億500 +6983 +199% 1751 +6%
<第100回>2018/01/19 8536 +5019 +143% 1889 +15%
<第90回>2017/10/20 9889 +6372 +181% 1730 +5%
<第80回>2017/08/11 8318 +4801 +137% 1617 -2%
<第70回>2017/05/26 6650 +3133 +89% 1569 -5%
<第60回>2017/03/17 5072 +1672 +49% 1565 -5%
<第50回>2016/12/30 3958 +1151 +41% 1518 -8%
<第40回>2016/07/29 3101 +294 +11% 1322 -20%
<第30回>2016/03/04 3206 +399 +12% 1375 -17%
<第20回>2015/12/04 3444 +637 +23% 1574 -4%
<第10回>2015/09/25 2979 +172 +6% 1453 -12%
<第1回>2015/07/30 2807 0 0% 1647 0%

基準比は第1,53,66回をベースとした変動率です。(小数点以下は四捨五入)