割安株長期投資<第52回>まだまだ助走段階

はっしゃんです。

「割安株長期投資」のエントリーは、
割安株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績

 基準比: +1337万円(+48%)

 今週は市場が高値圏での揉み合いとなり、
 S社も似たような値動きになりました。

 S社については理論株価に追いついたので、
 そろそろ調整かなと思います。

 さらに上値を買うとすれば、
 3Q決算を意識した展開でしょうが、
 成長株としては、まだまだ助走段階なので、
 サプライズの可能性は低いとみています。

 逆に来年度はかなり期待できそうなので、
 そこまで相場の好況が持続すれば、
 面白いのではと思います。
 さて、どうなるでしょうか。

 ありがたいことです。

日付 TOPIX S社
終値 基準比 評価額(万円) 基準比
<第52回>2017/01/13 1544 -6% 4144 +48%
<第51回>2017/01/06 1553 -6% 4172 +49%
<第50回>2016/12/30 1518 -8% 3958 +41%
<第49回>2016/12/09 1525 -7% 3675 +31%
<第48回>2016/12/02 1477 -10% 3710 +32%
<第47回>2016/11/25 1464 -11% 3643 +30%
<第46回>2016/11/18 1428 -13% 3720 +33%
<第45回>2016/11/11 1378 -16% 3591 +28%
<第44回>2016/11/04 1347 -18% 3601 +28%
<第43回>2016/10/29 1392 -16% 3570 +27%
<第42回>2016/10/21 1365 -17% 3307 +18%
<第41回>2016/10/14 1347 -18% 3174 +13%
<第40回>2016/07/29 1322 -20% 3101 +11%
<第30回>2016/03/04 1375 -17% 3206 +12%
<第20回>2015/12/04 1574 -4% 3444 +23%
<第10回>2015/09/25 1453 -12% 2979 +6%
<第1回>2015/07/30 1647 0% 2807 0%

基準比は第1回を0%とした変動率です。(小数点以下は四捨五入)

[今期増額]<2698>キャンドゥの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、キャンドゥの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m2698_20170113
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 1,713円 1,333円 (449円+884円) -22.2%
1年前 1,534円 850円 (432円+418円) -44.6%
2年前 1,534円 780円 (417円+363円) -49.2%
3年前 1,520円 837円 (404円+433円) -45.0%
4年前 1,107円 1,141円 (390円+751円) +3.1%

キャンドゥの資産価値は4年前の390円から449円に増加し、
事業価値は、751円から884円へ拡大しました。
この期間の株価は、1,107円から1,713円(理論株価は1,141円→1,333円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+3.1%から-22.2%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

<2651>ローソンの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ローソンの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m2651_20170112
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 8,100円 3,986円 (1,691円+2,295円) -50.8%
1年前 9,440円 3,839円 (1,642円+2,197円) -59.4%
2年前 7,720円 4,172円 (1,580円+2,592円) -46.0%
3年前 7,480円 4,408円 (1,576円+2,832円) -41.1%
4年前 6,630円 4,347円 (1,454円+2,893円) -34.5%

ローソンの資産価値は4年前の1,454円から1,691円に増加し、
事業価値は、2,893円から2,295円へ縮小しています。
この期間の株価は、6,630円から8,100円(理論株価は4,347円→3,986円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-34.5%から-50.8%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

<2726>パルHDの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、パルHDの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m2726_20170111
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 3,055円 2,453円 (1,100円+1,353円) -19.8%
1年前 2,470円 2,503円 (1,059円+1,444円) +1.3%
2年前 3,050円 2,198円 (1,055円+1,143円) -28.0%
3年前 1,969円 2,428円 (971円+1,457円) +23.3%
4年前 2,008円 3,018円 (940円+2,078円) +50.3%

パルHDの資産価値は4年前の940円から1,100円に増加し、
事業価値は、2,078円から1,353円へ縮小しています。
この期間の株価は、2,008円から3,055円(理論株価は3,018円→2,453円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+50.3%から-19.8%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

<8028>ユニー・ファミリーマートHDの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ユニー・ファミリーマートHDの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m8028_20170110
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 7,760円 3,212円 (2,437円+775円) -58.7%
1年前 5,600円 3,124円 (1,944円+1,180円) -44.3%
2年前 5,120円 2,714円 (1,844円+870円) -47.0%
3年前 4,640円 3,046円 (1,733円+1,313円) -34.4%
4年前 3,680円 3,252円 (1,652円+1,600円) -11.7%

ユニー・ファミリーマートHDの資産価値は4年前の1,652円から2,437円に増加し、
事業価値は、1,600円から775円へ縮小しています。
この期間の株価は、3,680円から7,760円(理論株価は3,252円→3,212円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-11.7%から-58.7%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

割安株長期投資<第51回>割安株と人気株の違い

はっしゃんです。

「割安株長期投資」のエントリーは、
割安株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績

 基準比: +1365万円(+49%)

 新年から相場環境がよかったこともあり、
 中小の好業績株も物色されて、
 S社も年初から3連騰となりました。

 S社は、地味ながらも企画開始から
 増収増益を続けており、
 はっしゃんが長期投資の目安としている
 理論株価も右肩上がりで上昇しています。

 企画開始当初の1年間は市場波乱となったことで、
 思ったような展開にはなりませんでしたが、
 理論株価と株価のギャップが開いていましたので、
 この上昇は必然ということになります。

 今回の上昇で株価は理論株価水準に到達しましたが、
 割安株は理論株価が先に上昇して株価が追随します。
 人気株は株価が先に上昇して理論株価がついてきます。
 そろそろ割安株は卒業してほしいものです。(笑)

 ありがたいことです。

日付 TOPIX S社
終値 基準比 評価額(万円) 基準比
<第51回>2017/01/06 1553 -6% 4172 +49%
<第50回>2016/12/30 1518 -8% 3958 +41%
<第49回>2016/12/09 1525 -7% 3675 +31%
<第48回>2016/12/02 1477 -10% 3710 +32%
<第47回>2016/11/25 1464 -11% 3643 +30%
<第46回>2016/11/18 1428 -13% 3720 +33%
<第45回>2016/11/11 1378 -16% 3591 +28%
<第44回>2016/11/04 1347 -18% 3601 +28%
<第43回>2016/10/29 1392 -16% 3570 +27%
<第42回>2016/10/21 1365 -17% 3307 +18%
<第41回>2016/10/14 1347 -18% 3174 +13%
<第40回>2016/07/29 1322 -20% 3101 +11%
<第30回>2016/03/04 1375 -17% 3206 +12%
<第20回>2015/12/04 1574 -4% 3444 +23%
<第10回>2015/09/25 1453 -12% 2979 +6%
<第1回>2015/07/30 1647 0% 2807 0%

基準比は第1回を0%とした変動率です。(小数点以下は四捨五入)

割安株長期投資<第50回>ようやく含み益1000万超え

はっしゃんです。

「割安株長期投資」のエントリーは、
割安株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績

 基準比: +1151万円(+41%)

 今年最後でようやく企画50回に到達しました。
 長期投資も紆余曲折がありましたが、
 とりあえず生き残ることができました。
 皆さん、ありがとうございます。

 さて、今週は主力株が調整に入ったことで、
 このところ逆進性の値動きとなっていた
 S社にも買いが入りました。(苦笑)

 企画開始から1年半で、ようやく含み益1000万超え。
 今年は耐える期間が長かったですが、
 少しずつ、よい流れになってきました。

 来年は酉年。
 さらに大きく飛躍したいものです。
 ありがたいことです。

日付 TOPIX S社
終値 基準比 評価額(万円) 基準比
<第50回>2016/12/30 1518 -8% 3958 +41%
<第49回>2016/12/09 1525 -7% 3675 +31%
<第48回>2016/12/02 1477 -10% 3710 +32%
<第47回>2016/11/25 1464 -11% 3643 +30%
<第46回>2016/11/18 1428 -13% 3720 +33%
<第45回>2016/11/11 1378 -16% 3591 +28%
<第44回>2016/11/04 1347 -18% 3601 +28%
<第43回>2016/10/29 1392 -16% 3570 +27%
<第42回>2016/10/21 1365 -17% 3307 +18%
<第41回>2016/10/14 1347 -18% 3174 +13%
<第40回>2016/07/29 1322 -20% 3101 +11%
<第1回>2015/07/30 1647 0% 2807 0%

基準比は第1回を0%とした変動率です。(小数点以下は四捨五入)

[今期増額]<9603>HISの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、HISの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m9603_20161227
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 3,050円 2,059円 (777円+1,282円) -32.5%
1年前 4,065円 2,522円 (921円+1,601円) -38.0%
2年前 3,430円 2,066円 (820円+1,246円) -39.8%
3年前 2,625円 1,436円 (793円+643円) -45.3%
4年前 1,467円 1,952円 (679円+1,273円) +33.1%

HISの資産価値は4年前の679円から777円に増加し、
事業価値は、1,273円から1,282円へ拡大しました。
この期間の株価は、1,467円から3,050円(理論株価は1,952円→2,059円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+33.1%から-32.5%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

<2371>カカクコムの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、カカクコムの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m2371_20161226
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 1,921円 2,306円 (116円+2,190円) +20.0%
1年前 2,394円 1,953円 (107円+1,846円) -18.5%
2年前 1,741円 1,640円 (82円+1,558円) -5.9%
3年前 1,847円 1,392円 (71円+1,321円) -24.7%
4年前 714円 888円 (53円+835円) +24.4%

カカクコムの資産価値は4年前の53円から116円に増加し、
事業価値は、835円から2,190円へ拡大しました。
この期間の株価は、714円から1,921円(理論株価は888円→2,306円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+24.4%から+20.0%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

<4716>日本オラクルの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、日本オラクルの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m4716_20161221
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 5,670円 6,087円 (470円+5,617円) +7.4%
1年前 5,650円 5,133円 (639円+4,494円) -9.2%
2年前 4,905円 5,609円 (540円+5,069円) +14.4%
3年前 3,845円 7,158円 (428円+6,730円) +86.2%
4年前 3,590円 6,920円 (346円+6,574円) +92.8%

日本オラクルの資産価値は4年前の346円から470円に増加し、
事業価値は、6,574円から5,617円へ縮小しています。
この期間の株価は、3,590円から5,670円(理論株価は6,920円→6,087円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+92.8%から+7.4%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。