発掘チャート<5401>新日鉄89年バブル2年で5倍

はっしゃんです。

発掘チャートのエントリーでは、
様々な銘柄の名場面を
株価チャートで再現して
お楽しみいただこう
という企画です。

第11回は1989年バブル景気ピーク時の
新日鉄の株価チャートです。

【株価ブラウザ明日香】Copyright (C) 2008 tolkien soft

1987年の初値が168円に
過ぎなかった新日鉄は年初から
大きく上昇していきます。

そして、わずか2年後の
1988年11月から900円台に乗せ、
半年あまり900円台で推移しました。

89年のバブル相場では、
多くの銘柄が1000円以上になり、
新日鉄の1000円台も時間の問題かと
思われていましたが、
結局、それはなりませんでした。

ちなみに新日鉄の株価は、
バブル期をピークに下げて
2002年11月に119円で底を打ちます。
バブル高値の8分の1の水準です。

当時は鉄鋼不況のピークで、
住金、NKK、神戸製鋼などの株価が
50円割れしていて、下位企業は、
倒産も囁かれていました。

そこが絶好の買い場だったわけですが、
あの状況で買える人が
どれだけいるでしょうかね。

むろん、今も買いを入れるのは、
同じくらい難しいので、
よく分かると思います。

その後、旺盛な新興国需要に
押されて鉄鋼市況が回復し、
新日鉄の株価も上昇していきます。

2002年の大底から5年後の
2007年には再び900円台に乗せ、
ついにバブル高値を抜くか?
と思われましたが、
この年の964円を頂点に、
下げに転じました。

新日鉄の高値は、いまだ89年バブルの
984円なのです。

 * * *

私たちは株価チャートを
結果から見て評価する傾向にありますが、
実際の相場は現在進行形ですから、
当時の業績や市場期待、需給を投影した
株価チャートは貴重な実録データです。

・ブラックマンデー(1987年)
・バブル相場(1989年)
・ITバブル(2000年)
・NYテロ(2001年)
・サブプライムショック(2008年)

「賢者は歴史から学ぶ」といいます。
今も昔も株式投資の基本コンセプトは
「将来、値上がりしそうな株を買う」
ということで同じですから、
過去を知るということは、
未来を知ることに通じると思います。

株式投資実践セミナー2017年3月2日(木)~新宿開催

あなたは株式投資でこんなことを悩んでいませんか?

・どの銘柄を買えば儲かるのか
・どのような投資方法が成功への近道なのか
・損しない方法は

もしこのような疑問を抱えている方は
3月2日(木)に新宿で開催する「株式投資実践セミナー」にご参加ください。
ただいま受講料3,000円のところ無料で参加頂けます。

当日は株式投資で2008年以降年間負け無しの柳橋が、 株式投資の基礎的なことから柳橋の投資手法について講義します。

無料セミナーに参加する