[上方修正]<9437>NTTドコモの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、NTTドコモの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m9437_20151030
Copyright (C) 2015 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 2,358円 2,023円 (1,073円+950円) -14.3%
1年前 1,862円 1,798円 (1,034円+764円) -3.5%
2年前 1,560円 2,276円 (1,008円+1,268円) +45.9%
3年前 1,173円 2,073円 (901円+1,172円) +76.7%
4年前 1,393円 2,306円 (888円+1,418円) +65.5%

NTTドコモの資産価値は4年前の888円から1,073円に増加し、
事業価値は、1,418円から950円へ縮小しています。
この期間の株価は、1,393円から2,358円(理論株価は2,306円→2,023円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+65.5%から-14.3%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

<4901>富士フイルムの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、富士フイルムの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m4901_20151029
Copyright (C) 2015 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 4,842円 4,223円 (3,294円+929円) -12.8%
1年前 3,687円 3,844円 (3,150円+694円) +4.3%
2年前 2,393円 3,279円 (2,742円+536円) +37.0%
3年前 1,346円 1,913円 (1,636円+278円) +42.1%
4年前 1,950円 2,988円 (2,372円+616円) +53.2%

富士フイルムの資産価値は4年前の2,372円から3,294円に増加し、
事業価値は、616円から929円へ拡大しました。
この期間の株価は、1,950円から4,842円(理論株価は2,988円→4,223円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+53.2%から-12.8%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[上方修正]<9020>JR東日本の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、JR東日本の理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m9020_20151028
Copyright (C) 2015 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 11,340円 6,429円 (3,712円+2,717円) -43.4%
1年前 8,645円 5,422円 (3,438円+1,984円) -37.3%
2年前 8,510円 5,130円 (3,300円+1,830円) -39.8%
3年前 5,480円 4,667円 (3,024円+1,643円) -14.9%
4年前 4,765円 3,613円 (2,783円+830円) -24.2%

JR東日本の資産価値は4年前の2,783円から3,712円に増加し、
事業価値は、830円から2,717円へ拡大しました。
この期間の株価は、4,765円から11,340円(理論株価は3,613円→6,429円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-24.2%から-43.4%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[上方修正]<6954>ファナックの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ファナックの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m6594_20151023
Copyright (C) 2015 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 19,930円 15,552円 (5,605円+9,947円) -22.0%
1年前 19,120円 20,076円 (5,257円+14,819円) +5.0%
2年前 15,720円 10,048円 (4,684円+5,364円) -36.1%
3年前 12,710円 14,848円 (4,174円+10,674円) +16.8%
4年前 12,930円 19,103円 (3,797円+15,306円) +47.7%

ファナックの資産価値は4年前の3,797円から5,605円に増加し、
事業価値は、15,306円から9,947円へ縮小しています。
この期間の株価は、12,930円から19,930円(理論株価は19,103円→15,552円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+47.7%から-22.0%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

<6594>日電産の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、日電産の理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m6594_20151023
Copyright (C) 2015 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 9,100円 3,877円 (1,843円+2,034円) -57.4%
1年前 7,222円 3,003円 (1,366円+1,637円) -58.5%
2年前 4,765円 2,228円 (1,098円+1,130円) -53.3%
3年前 2,825円 2,031円 (853円+1,178円) -28.2%
4年前 3,260円 2,618円 (802円+1,816円) -19.7%

日電産の資産価値は4年前の802円から1,843円に増加し、
事業価値は、1,816円から2,034円へ拡大しました。
この期間の株価は、3,260円から9,100円(理論株価は2,618円→3,877円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-19.7%から-57.4%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

<2685>アダストリアの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、アダストリアの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m2685_20151016
Copyright (C) 2015 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 6,910円 5,884円 (1,512円+4,372円) -14.9%
1年前 2,473円 1,878円 (1,294円+584円) -24.1%
2年前 4,590円 4,238円 (1,317円+2,921円) -7.7%
3年前 3,040円 5,920円 (1,184円+4,736円) +94.7%
4年前 3,410円 7,601円 (1,114円+6,487円) +122.9%

アダストリアの資産価値は4年前の1,114円から1,512円に増加し、
事業価値は、6,487円から4,372円へ縮小しています。
この期間の株価は、3,410円から6,910円(理論株価は7,601円→5,884円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+122.9%から-14.9%へと低下しました。

また、アダストリアの理論株価は事業価値の比率が74.3%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

<9861>吉野家HDの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、吉野家HDの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m9861_20151015
Copyright (C) 2015 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 1,504円 693円 (660円+33円) -54.0%
1年前 1,275円 863円 (806円+57円) -32.4%
2年前 1,127円 571円 (548円+23円) -49.4%
3年前 1,013円 606円 (556円+50円) -40.2%
4年前 1,003円 717円 (558円+159円) -28.6%

吉野家HDの資産価値は4年前の558円から660円に増加し、
事業価値は、159円から33円へ縮小しています。
この期間の株価は、1,003円から1,504円(理論株価は717円→693円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-28.6%から-54.0%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[今期増額]<9983>ファストリの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ファストリの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m9983_20151008
Copyright (C) 2015 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 48,640円 19,625円 (5,156円+14,469円) -59.7%
1年前 40,365円 17,995円 (4,247円+13,748円) -55.5%
2年前 32,850円 15,281円 (3,843円+11,438円) -53.5%
3年前 17,780円 17,040円 (2,658円+14,382円) -4.2%
4年前 14,230円 15,017円 (2,164円+12,853円) +5.5%

ファストリの資産価値は4年前の2,164円から5,156円に増加し、
事業価値は、12,853円から14,469円へ拡大しました。
この期間の株価は、14,230円から48,640円(理論株価は15,017円→19,625円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+5.5%から-59.7%へと低下しました。

また、ファストリの理論株価は事業価値の比率が73.7%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

<2651>ローソンの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ローソンの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m2651_20151007
Copyright (C) 2015 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 8,980円 3,766円 (1,642円+2,124円) -58.1%
1年前 7,510円 4,521円 (1,708円+2,813円) -39.9%
2年前 7,870円 4,375円 (1,575円+2,800円) -44.5%
3年前 5,870円 4,284円 (1,450円+2,834円) -27.1%
4年前 4,435円 3,943円 (1,327円+2,616円) -11.1%

ローソンの資産価値は4年前の1,327円から1,642円に増加し、
事業価値は、2,616円から2,124円へ縮小しています。
この期間の株価は、4,435円から8,980円(理論株価は3,943円→3,766円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-11.1%から-58.1%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

<7453>良品計画の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、良品計画の理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m7453_20151006
Copyright (C) 2015 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 26,000円 13,584円 (3,839円+9,745円) -47.8%
1年前 14,950円 10,621円 (3,150円+7,471円) -29.0%
2年前 9,790円 9,536円 (2,779円+6,757円) -2.6%
3年前 5,290円 9,014円 (2,588円+6,426円) +70.4%
4年前 3,735円 6,818円 (2,212円+4,606円) +82.5%

良品計画の資産価値は4年前の2,212円から3,839円に増加し、
事業価値は、4,606円から9,745円へ拡大しました。
この期間の株価は、3,735円から26,000円(理論株価は6,818円→13,584円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+82.5%から-47.8%へと低下しました。

また、良品計画の理論株価は事業価値の比率が71.7%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。