割安株長期投資<第15回>健全な状態と不健全な状態

はっしゃんです。

「割安株長期投資」のエントリーは、
割安株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績

 基準比: +563万円(+20%)

 今週も大きな動きはありませんでしたが、
 堅調な相場展開でした。

 はっしゃんは理論株価投資なので、
 理論株価を第一の投資指標としていますが、
 理論株価には、株価と連動しているときと
 連動していない時があります。

 例えば、こんな状態です。
 理論株価は急激な右肩下がり。
 でも、株価は横ばい。

m2702_20151031

 この会社の業績は皆さんもよくご存じですね。
 長期的にみれば株価はいずれ、
 理論株価に収斂することは分かっています。

 このような不健全な均衡が崩れるときは、
 非常に大きなエネルギーが生じます。

 さて、決算発表が本格化しています。
 来週はS社にも動きがあるかもしれません。

 ありがたいことです。

日付 TOPIX S社
終値 前週比 基準比 評価額(万円) 前週比 基準比
<第15回>2015/10/30 1558 +1% -5% 3370 +1% +20%
<第14回>2015/10/23 1547 +3% -6% 3325 +4% +18%
<第13回>2015/10/16 1505 -1% -9% 3206 +1% +14%
<第12回>2015/10/09 1515 +5% -8% 3175 +2% +13%
<第11回>2015/10/02 1444 -1% -12% 3105 +4% +11%
<第10回>2015/09/25 1453 -1% -12% 2979 -3% +6%
<第9回>2015/09/18 1462 -1% -11% 3059 -2% +9%
<第8回>2015/09/11 1549 +2% -10% 3119 +2% +11%
<第7回>2015/09/04 1445 -7% -12% 3070 -5% +9%
<第6回>2015/08/28 1549 -1% -6% 3220 -1% +15%
<第5回>2015/08/21 1573 -5% -5% 3252 -5% +16%
<第4回>2015/08/14 1664 -1% +1% 3434 +9% +22%
<第3回>2015/08/07 1679 +1% +2% 3160 +7% +13%
<第2回>2015/07/31 1659 +1% 2954 +5%
<第1回>2015/07/30 1647 0% 2807 0%

基準比は第1回を0%とした変動率です。(小数点以下は四捨五入)

[上方修正]<9437>NTTドコモの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、NTTドコモの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m9437_20151030
Copyright (C) 2015 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 2,358円 2,023円 (1,073円+950円) -14.3%
1年前 1,862円 1,798円 (1,034円+764円) -3.5%
2年前 1,560円 2,276円 (1,008円+1,268円) +45.9%
3年前 1,173円 2,073円 (901円+1,172円) +76.7%
4年前 1,393円 2,306円 (888円+1,418円) +65.5%

NTTドコモの資産価値は4年前の888円から1,073円に増加し、
事業価値は、1,418円から950円へ縮小しています。
この期間の株価は、1,393円から2,358円(理論株価は2,306円→2,023円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+65.5%から-14.3%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

<4901>富士フイルムの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、富士フイルムの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m4901_20151029
Copyright (C) 2015 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 4,842円 4,223円 (3,294円+929円) -12.8%
1年前 3,687円 3,844円 (3,150円+694円) +4.3%
2年前 2,393円 3,279円 (2,742円+536円) +37.0%
3年前 1,346円 1,913円 (1,636円+278円) +42.1%
4年前 1,950円 2,988円 (2,372円+616円) +53.2%

富士フイルムの資産価値は4年前の2,372円から3,294円に増加し、
事業価値は、616円から929円へ拡大しました。
この期間の株価は、1,950円から4,842円(理論株価は2,988円→4,223円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+53.2%から-12.8%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[上方修正]<9020>JR東日本の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、JR東日本の理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m9020_20151028
Copyright (C) 2015 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 11,340円 6,429円 (3,712円+2,717円) -43.4%
1年前 8,645円 5,422円 (3,438円+1,984円) -37.3%
2年前 8,510円 5,130円 (3,300円+1,830円) -39.8%
3年前 5,480円 4,667円 (3,024円+1,643円) -14.9%
4年前 4,765円 3,613円 (2,783円+830円) -24.2%

JR東日本の資産価値は4年前の2,783円から3,712円に増加し、
事業価値は、830円から2,717円へ拡大しました。
この期間の株価は、4,765円から11,340円(理論株価は3,613円→6,429円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-24.2%から-43.4%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[上方修正]<6954>ファナックの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ファナックの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m6594_20151023
Copyright (C) 2015 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 19,930円 15,552円 (5,605円+9,947円) -22.0%
1年前 19,120円 20,076円 (5,257円+14,819円) +5.0%
2年前 15,720円 10,048円 (4,684円+5,364円) -36.1%
3年前 12,710円 14,848円 (4,174円+10,674円) +16.8%
4年前 12,930円 19,103円 (3,797円+15,306円) +47.7%

ファナックの資産価値は4年前の3,797円から5,605円に増加し、
事業価値は、15,306円から9,947円へ縮小しています。
この期間の株価は、12,930円から19,930円(理論株価は19,103円→15,552円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+47.7%から-22.0%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

割安株長期投資<第14回>よいご縁に恵まれるように

はっしゃんです。

「割安株長期投資」のエントリーは、
割安株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績

 基準比: +518万円(+18%)

 今週は全体的に上昇しました。
 投資成績も8月暴落前の水準に近付いてきました。

 一時は撤退判断をしなければならないところまで
 追い込まれていたのですが、たまたま運がよかったですね。

 ルールを決めて投資をしてると
 このようなことは、よくありますね。
 はっしゃんの場合は「持株とご縁があるかないか。」
 ということで、割り切って処理しています。

 今回の場合はS社とご縁があったということです。
 もちろん投資家ですから、よいご縁に恵まれるように
 これからも精進いたします。(笑)

 ありがたいことです。

日付 TOPIX S社
終値 前週比 基準比 評価額(万円) 前週比 基準比
<第14回>2015/10/23 1547 +3% -6% 3325 +4% +18%
<第13回>2015/10/16 1505 -1% -9% 3206 +1% +14%
<第12回>2015/10/09 1515 +5% -8% 3175 +2% +13%
<第11回>2015/10/02 1444 -1% -12% 3105 +4% +11%
<第10回>2015/09/25 1453 -1% -12% 2979 -3% +6%
<第9回>2015/09/18 1462 -1% -11% 3059 -2% +9%
<第8回>2015/09/11 1549 +2% -10% 3119 +2% +11%
<第7回>2015/09/04 1445 -7% -12% 3070 -5% +9%
<第6回>2015/08/28 1549 -1% -6% 3220 -1% +15%
<第5回>2015/08/21 1573 -5% -5% 3252 -5% +16%
<第4回>2015/08/14 1664 -1% +1% 3434 +9% +22%
<第3回>2015/08/07 1679 +1% +2% 3160 +7% +13%
<第2回>2015/07/31 1659 +1% 2954 +5%
<第1回>2015/07/30 1647 0% 2807 0%

基準比は第1回を0%とした変動率です。(小数点以下は四捨五入)

<6594>日電産の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、日電産の理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m6594_20151023
Copyright (C) 2015 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 9,100円 3,877円 (1,843円+2,034円) -57.4%
1年前 7,222円 3,003円 (1,366円+1,637円) -58.5%
2年前 4,765円 2,228円 (1,098円+1,130円) -53.3%
3年前 2,825円 2,031円 (853円+1,178円) -28.2%
4年前 3,260円 2,618円 (802円+1,816円) -19.7%

日電産の資産価値は4年前の802円から1,843円に増加し、
事業価値は、1,816円から2,034円へ拡大しました。
この期間の株価は、3,260円から9,100円(理論株価は2,618円→3,877円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-19.7%から-57.4%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

割安株長期投資<第13回>ほとんど動きなし

はっしゃんです。

「割安株長期投資」のエントリーは、
割安株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績

 基準比: +399万円(+14%)

 今週も先週に続いてほどんと動きなし。
 決算までは様子見といったところでしょう。

 ありがたいことです。

日付 TOPIX S社
終値 前週比 基準比 評価額(万円) 前週比 基準比
<第13回>2015/10/16 1505 -1% -9% 3206 +1% +14%
<第12回>2015/10/09 1515 +5% -8% 3175 +2% +13%
<第11回>2015/10/02 1444 -1% -12% 3105 +4% +11%
<第10回>2015/09/25 1453 -1% -12% 2979 -3% +6%
<第9回>2015/09/18 1462 -1% -11% 3059 -2% +9%
<第8回>2015/09/11 1549 +2% -10% 3119 +2% +11%
<第7回>2015/09/04 1445 -7% -12% 3070 -5% +9%
<第6回>2015/08/28 1549 -1% -6% 3220 -1% +15%
<第5回>2015/08/21 1573 -5% -5% 3252 -5% +16%
<第4回>2015/08/14 1664 -1% +1% 3434 +9% +22%
<第3回>2015/08/07 1679 +1% +2% 3160 +7% +13%
<第2回>2015/07/31 1659 +1% 2954 +5%
<第1回>2015/07/30 1647 0% 2807 0%

基準比は第1回を0%とした変動率です。(小数点以下は四捨五入)

<2685>アダストリアの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、アダストリアの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m2685_20151016
Copyright (C) 2015 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 6,910円 5,884円 (1,512円+4,372円) -14.9%
1年前 2,473円 1,878円 (1,294円+584円) -24.1%
2年前 4,590円 4,238円 (1,317円+2,921円) -7.7%
3年前 3,040円 5,920円 (1,184円+4,736円) +94.7%
4年前 3,410円 7,601円 (1,114円+6,487円) +122.9%

アダストリアの資産価値は4年前の1,114円から1,512円に増加し、
事業価値は、6,487円から4,372円へ縮小しています。
この期間の株価は、3,410円から6,910円(理論株価は7,601円→5,884円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+122.9%から-14.9%へと低下しました。

また、アダストリアの理論株価は事業価値の比率が74.3%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

<9861>吉野家HDの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、吉野家HDの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m9861_20151015
Copyright (C) 2015 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 1,504円 693円 (660円+33円) -54.0%
1年前 1,275円 863円 (806円+57円) -32.4%
2年前 1,127円 571円 (548円+23円) -49.4%
3年前 1,013円 606円 (556円+50円) -40.2%
4年前 1,003円 717円 (558円+159円) -28.6%

吉野家HDの資産価値は4年前の558円から660円に増加し、
事業価値は、159円から33円へ縮小しています。
この期間の株価は、1,003円から1,504円(理論株価は717円→693円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-28.6%から-54.0%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。