[上方修正]<4452>花王の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、花王の理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m4452_20160223
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 5,831円 3,755円 (943円+2,812円) -35.7%
1年前 5,350円 3,025円 (920円+2,105円) -43.5%
2年前 3,495円 2,505円 (859円+1,646円) -28.4%
3年前 2,964円 2,212円 (795円+1,417円) -25.4%
4年前 2,079円 1,940円 (718円+1,222円) -6.7%

花王の資産価値は4年前の718円から943円に増加し、
事業価値は、1,222円から2,812円へ拡大しました。
この期間の株価は、2,079円から5,831円(理論株価は1,940円→3,755円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-6.7%から-35.7%へと低下しました。

また、花王の理論株価は事業価値の比率が74.9%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

<7261>マツダの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、マツダの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m7261_20160222
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 1,615円 2,817円 (1,026円+1,791円) +74.4%
1年前 2,556円 2,571円 (901円+1,670円) +0.6%
2年前 2,445円 1,365円 (613円+752円) -44.2%
3年前 1,395円 529円 (492円+37円) -62.1%
4年前 670円 528円 (528円+0円) -21.2%

マツダの資産価値は4年前の528円から1,026円に増加し、
事業価値は、0円から1,791円へ拡大しました。
この期間の株価は、670円から1,615円(理論株価は528円→2,817円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-21.2%から+74.4%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

<9437>NTTドコモの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、NTTドコモの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m9437_20160219
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 2,627円 2,025円 (1,080円+945円) -23.0%
1年前 2,125円 1,782円 (1,036円+746円) -16.2%
2年前 1,701円 2,287円 (1,011円+1,276円) +34.5%
3年前 1,434円 2,184円 (958円+1,226円) +52.3%
4年前 1,388円 2,388円 (903円+1,485円) +72.0%

NTTドコモの資産価値は4年前の903円から1,080円に増加し、
事業価値は、1,485円から945円へ縮小しています。
この期間の株価は、1,388円から2,627円(理論株価は2,388円→2,025円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+72.0%から-23.0%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

<9433>KDDIの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、KDDIの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m9433_20160218
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 2,975円 3,153円 (971円+2,182円) +6.0%
1年前 2,763円 2,727円 (885円+1,842円) -1.4%
2年前 2,067円 2,376円 (809円+1,567円) +14.9%
3年前 1,160円 1,944円 (685円+1,259円) +67.6%
4年前 860円 1,699円 (575円+1,124円) +97.6%

KDDIの資産価値は4年前の575円から971円に増加し、
事業価値は、1,124円から2,182円へ拡大しました。
この期間の株価は、860円から2,975円(理論株価は1,699円→3,153円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+97.6%から+6.0%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

<9984>ソフトバンクの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ソフトバンクの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m9984_20160217
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 5,398円 4,911円 (1,488円+3,423円) -9.1%
1年前 6,963円 3,328円 (1,292円+2,036円) -52.3%
2年前 7,563円 4,140円 (798円+3,342円) -45.3%
3年前 3,260円 2,587円 (915円+1,672円) -20.7%
4年前 2,123円 2,817円 (286円+2,531円) +32.7%

ソフトバンクの資産価値は4年前の286円から1,488円に増加し、
事業価値は、2,531円から3,423円へ拡大しました。
この期間の株価は、2,123円から5,398円(理論株価は2,817円→4,911円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+32.7%から-9.1%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

割安株長期投資<第29回>落ちるナイフ

はっしゃんです。

「割安株長期投資」のエントリーは、
割安株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績

 基準比: +94万円(+3%)

 先週から怪しい雰囲気になっていましたが、
 結局、S社を売らされる結果と
 なってしまいました。

 決算が良かろうと好材料が出ようと
 市場全体が暴落となっては、
 避難するしかありません。

 ただ、こういう局面はチャンスでもあり、
 外部環境の変化を織り込んでしまうと、
 選別局面に変わります。

 成長シナリオは継続と判断していますから、
 引き続き注視していきたいと思います。
 チャンスがあるかは分かりませんが。

 ありがたいことです。

日付 TOPIX S社
終値 前週比 基準比 評価額(万円) 前週比 基準比
<第29回>2016/02/10 1264 -8% -23% 2901 -8% +3%
<第28回>2016/02/05 1368 -4% -17% 3139 +2% +12%
<第27回>2016/01/29 1432 +4% -13% 3069 +9% +9%
<第26回>2016/01/13 1442 -0% -13% 3097 -2% +10%
<第25回>2016/01/8 1447 -6% -12% 3160 -4% +13%
<第24回>2016/01/01 1547 +2% -6% 3283 +5% +17%
<第23回>2015/12/25 1549 -1% -8% 3139 -7% +12%
<第22回>2015/12/18 1537 -1% -7% 3388 +0% +20%
<第21回>2015/12/11 1549 -2% -6% 3384 -2% +20%
<第20回>2015/12/04 1574 -1% -4% 3444 -3% +23%
<第19回>2015/11/27 1594 -1% -3% 3538 +6% +26%
<第18回>2015/11/20 1603 +1% -3% 3335 -1% +19%
<第17回>2015/11/13 1585 +1% -4% 3353 +1% +20%
<第16回>2015/11/06 1563 +0% -5% 3318 -2% +18%
<第15回>2015/10/30 1558 +1% -5% 3370 +1% +20%
<第14回>2015/10/23 1547 +3% -6% 3325 +4% +18%
<第13回>2015/10/16 1505 -1% -9% 3206 +1% +14%
<第12回>2015/10/09 1515 +5% -8% 3175 +2% +13%
<第11回>2015/10/02 1444 -1% -12% 3105 +4% +11%
<第10回>2015/09/25 1453 -1% -12% 2979 -3% +6%
<第9回>2015/09/18 1462 -1% -11% 3059 -2% +9%
<第8回>2015/09/11 1549 +2% -10% 3119 +2% +11%
<第7回>2015/09/04 1445 -7% -12% 3070 -5% +9%
<第6回>2015/08/28 1549 -1% -6% 3220 -1% +15%
<第5回>2015/08/21 1573 -5% -5% 3252 -5% +16%
<第4回>2015/08/14 1664 -1% +1% 3434 +9% +22%
<第3回>2015/08/07 1679 +1% +2% 3160 +7% +13%
<第2回>2015/07/31 1659 +1% 2954 +5%
<第1回>2015/07/30 1647 0% 2807 0%

基準比は第1回を0%とした変動率です。(小数点以下は四捨五入)

<8801>三井不動産の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、三井不動産の理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m8801_20160212
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 2,269円 1,457円 (1,245円+212円) -35.8%
1年前 3,287円 1,335円 (1,145円+190円) -59.4%
2年前 3,027円 1,020円 (856円+164円) -66.4%
3年前 2,358円 874円 (758円+116円) -63.0%
4年前 1,542円 824円 (713円+111円) -46.6%

三井不動産の資産価値は4年前の713円から1,245円に増加し、
事業価値は、111円から212円へ拡大しました。
この期間の株価は、1,542円から2,269円(理論株価は824円→1,457円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-46.6%から-35.8%へと改善しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[上方修正]<7203>トヨタの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、トヨタの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m7203_20160210
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 6,127円 7,695円 (3,841円+3,854円) +25.6%
1年前 8,063円 7,487円 (3,509円+3,978円) -7.2%
2年前 5,839円 6,457円 (3,053円+3,404円) +10.6%
3年前 4,765円 3,479円 (2,311円+1,168円) -27.0%
4年前 3,355円 2,139円 (2,088円+51円) -36.3%

トヨタの資産価値は4年前の2,088円から3,841円に増加し、
事業価値は、51円から3,854円へ拡大しました。
この期間の株価は、3,355円から6,127円(理論株価は2,139円→7,695円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-36.3%から+25.6%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[下方修正]<7269>スズキの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、スズキの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m7269_20160208
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 3,230円 2,749円 (1,631円+1,118円) -14.9%
1年前 3,780円 2,843円 (1,929円+914円) -24.8%
2年前 2,731円 2,637円 (1,700円+937円) -3.5%
3年前 2,217円 2,010円 (1,364円+646円) -9.4%
4年前 1,927円 1,730円 (1,217円+513円) -10.3%

スズキの資産価値は4年前の1,217円から1,631円に増加し、
事業価値は、513円から1,118円へ拡大しました。
この期間の株価は、1,927円から3,230円(理論株価は1,730円→2,749円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-10.3%から-14.9%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

割安株長期投資<第28回>好材料と外部環境悪化

はっしゃんです。

「割安株長期投資」のエントリーは、
割安株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績

 基準比: +332万円(+12%)

 今週は期待していた通り、
 S社に好業績の材料が出て上昇しましたが、
 外部環境の悪化で次第に売り優勢となり、
 結局わずかの上昇にとどまりました。

 7月エントリー時もそうですが、
 タイミングが悪いですねぇ。。。
 再エントリー即退場にならなくて
 よかってです。(笑)

 さて、来週は決算週です。
 好業績は決まっているのですが、
 どうなることやら。

 ありがたいことです。

日付 TOPIX S社
終値 前週比 基準比 評価額(万円) 前週比 基準比
<第28回>2016/02/05 1368 -4% -17% 3139 +2% +12%
<第27回>2016/01/29 1432 +4% -13% 3069 +9% +9%
<第26回>2016/01/13 1442 -0% -13% 3097 -2% +10%
<第25回>2016/01/8 1447 -6% -12% 3160 -4% +13%
<第24回>2016/01/01 1547 +2% -6% 3283 +5% +17%
<第23回>2015/12/25 1549 -1% -8% 3139 -7% +12%
<第22回>2015/12/18 1537 -1% -7% 3388 +0% +20%
<第21回>2015/12/11 1549 -2% -6% 3384 -2% +20%
<第20回>2015/12/04 1574 -1% -4% 3444 -3% +23%
<第19回>2015/11/27 1594 -1% -3% 3538 +6% +26%
<第18回>2015/11/20 1603 +1% -3% 3335 -1% +19%
<第17回>2015/11/13 1585 +1% -4% 3353 +1% +20%
<第16回>2015/11/06 1563 +0% -5% 3318 -2% +18%
<第15回>2015/10/30 1558 +1% -5% 3370 +1% +20%
<第14回>2015/10/23 1547 +3% -6% 3325 +4% +18%
<第13回>2015/10/16 1505 -1% -9% 3206 +1% +14%
<第12回>2015/10/09 1515 +5% -8% 3175 +2% +13%
<第11回>2015/10/02 1444 -1% -12% 3105 +4% +11%
<第10回>2015/09/25 1453 -1% -12% 2979 -3% +6%
<第9回>2015/09/18 1462 -1% -11% 3059 -2% +9%
<第8回>2015/09/11 1549 +2% -10% 3119 +2% +11%
<第7回>2015/09/04 1445 -7% -12% 3070 -5% +9%
<第6回>2015/08/28 1549 -1% -6% 3220 -1% +15%
<第5回>2015/08/21 1573 -5% -5% 3252 -5% +16%
<第4回>2015/08/14 1664 -1% +1% 3434 +9% +22%
<第3回>2015/08/07 1679 +1% +2% 3160 +7% +13%
<第2回>2015/07/31 1659 +1% 2954 +5%
<第1回>2015/07/30 1647 0% 2807 0%

基準比は第1回を0%とした変動率です。(小数点以下は四捨五入)