[上方修正]<7267>ホンダの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ホンダの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m7267_20161031
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 3,144円 3,806円 (2,331円+1,474円) +21.1%
1年前 4,044円 4,024円 (2,517円+1,508円) -0.5%
2年前 3,479円 3,742円 (2,233円+1,510円) +7.6%
3年前 3,915円 3,910円 (1,975円+1,935円) -0.2%
4年前 2,390円 2,635円 (1,551円+1,084円) +10.3%

ホンダの資産価値は4年前の1,551円から2,331円に増加し、
事業価値は、1,084円から1,474円へ拡大しました。
この期間の株価は、2,390円から3,144円(理論株価は2,635円→3,806円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+10.3%から+21.1%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[上方修正]<4502>武田薬品の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、武田薬品の理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m4502_20161028
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 4,826円 1,933円 (1,559円+374円) -60.0%
1年前 5,930円 2,146円 (1,894円+252円) -63.9%
2年前 4,805円 2,537円 (2,195円+342円) -47.3%
3年前 4,665円 2,318円 (2,023円+295円) -50.4%
4年前 3,710円 2,214円 (1,695円+519円) -40.4%

武田薬品の資産価値は4年前の1,695円から1,559円に減少し、
事業価値は、519円から374円へ縮小しています。
この期間の株価は、3,710円から4,826円(理論株価は2,214円→1,933円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-40.4%から-60.0%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[下方修正]<4901>富士フイルムの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、富士フイルムの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m4901_20161027
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 4,072円 4,308円 (3,183円+1,125円) +5.8%
1年前 4,852円 4,223円 (3,294円+929円) -13.0%
2年前 3,687円 3,844円 (3,150円+694円) +4.3%
3年前 2,393円 3,279円 (2,742円+536円) +37.0%
4年前 1,346円 1,913円 (1,636円+278円) +42.1%

富士フイルムの資産価値は4年前の1,636円から3,183円に増加し、
事業価値は、278円から1,125円へ拡大しました。
この期間の株価は、1,346円から4,072円(理論株価は1,913円→4,308円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+42.1%から+5.8%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[上方修正]<6594>日本電産の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、日本電産の理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m6594_20161025
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 9,867円 4,132円 (1,731円+2,401円) -58.2%
1年前 9,173円 3,877円 (1,843円+2,034円) -57.8%
2年前 7,222円 3,003円 (1,366円+1,637円) -58.5%
3年前 4,765円 2,228円 (1,098円+1,130円) -53.3%
4年前 2,825円 2,031円 (853円+1,178円) -28.2%

日本電産の資産価値は4年前の853円から1,731円に増加し、
事業価値は、1,178円から2,401円へ拡大しました。
この期間の株価は、2,825円から9,867円(理論株価は2,031円→4,132円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-28.2%から-58.2%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

<2413>エムスリーの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、エムスリーの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m2413_20161024
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 3,450円 987円 (131円+856円) -71.4%
1年前 2,357円 431円 (112円+319円) -81.8%
2年前 1,842円 695円 (91円+604円) -62.3%
3年前 1,343円 594円 (60円+534円) -55.8%
4年前 767円 495円 (45円+450円) -35.5%

エムスリーの資産価値は4年前の45円から131円に増加し、
事業価値は、450円から856円へ拡大しました。
この期間の株価は、767円から3,450円(理論株価は495円→987円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-35.5%から-71.4%へと低下しました。

また、エムスリーの理論株価は事業価値の比率が86.7%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[上方修正]<2698>キャンドゥの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、キャンドゥの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m2698_20161014
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 1,646円 1,194円 (434円+760円) -27.5%
1年前 1,587円 851円 (427円+424円) -46.4%
2年前 1,636円 813円 (419円+394円) -50.4%
3年前 1,611円 727円 (404円+323円) -54.9%
4年前 1,087円 1,202円 (378円+824円) +10.6%

キャンドゥの資産価値は4年前の378円から434円に増加し、
事業価値は、824円から760円へ縮小しています。
この期間の株価は、1,087円から1,646円(理論株価は1,202円→1,194円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+10.6%から-27.5%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[増額予想]<9983>ファストリテイリングの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ファストリテイリングの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m9983_20161013
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 33,150円 14,075円 (3,662円+10,413円) -57.6%
1年前 44,380円 19,625円 (5,156円+14,469円) -55.8%
2年前 40,365円 17,995円 (4,247円+13,748円) -55.5%
3年前 32,850円 15,281円 (3,843円+11,438円) -53.5%
4年前 17,780円 17,040円 (2,658円+14,382円) -4.2%

ファストリテイリングの資産価値は4年前の2,658円から3,662円に増加し、
事業価値は、14,382円から10,413円へ縮小しています。
この期間の株価は、17,780円から33,150円(理論株価は17,040円→14,075円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-4.2%から-57.6%へと低下しました。

また、ファストリテイリングの理論株価は事業価値の比率が74.0%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[下方修正]<3382>セブン&アイの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、セブン&アイの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m3382_20161007
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 4,581円 2,675円 (1,633円+1,042円) -41.7%
1年前 5,511円 2,797円 (1,738円+1,059円) -49.3%
2年前 4,281円 2,668円 (1,568円+1,100円) -37.7%
3年前 3,620円 2,530円 (1,471円+1,059円) -30.2%
4年前 2,462円 2,363円 (1,333円+1,030円) -4.1%

セブン&アイの資産価値は4年前の1,333円から1,633円に増加し、
事業価値は、1,030円から1,042円へ拡大しました。
この期間の株価は、2,462円から4,581円(理論株価は2,363円→2,675円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-4.1%から-41.7%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

<7453>良品計画の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、良品計画の理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m7453_20161006
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 21,220円 17,347円 (4,009円+13,338円) -18.3%
1年前 24,430円 13,584円 (3,839円+9,745円) -44.4%
2年前 14,950円 10,621円 (3,150円+7,471円) -29.0%
3年前 9,790円 9,536円 (2,779円+6,757円) -2.6%
4年前 5,290円 9,014円 (2,588円+6,426円) +70.4%

良品計画の資産価値は4年前の2,588円から4,009円に増加し、
事業価値は、6,426円から13,338円へ拡大しました。
この期間の株価は、5,290円から21,220円(理論株価は9,014円→17,347円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+70.4%から-18.3%へと低下しました。

また、良品計画の理論株価は事業価値の比率が76.9%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

<8227>しまむらの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、しまむらの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m8227_20161003
(財務3点)8227しまむら
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 12,670円 14,175円 (6,915円+7,260円) +11.9%
1年前 13,670円 14,408円 (6,451円+7,957円) +5.4%
2年前 9,670円 14,345円 (6,062円+8,283円) +48.3%
3年前 11,030円 16,575円 (5,644円+10,931円) +50.3%
4年前 8,320円 14,805円 (5,132円+9,673円) +77.9%

しまむらの資産価値は4年前の5,132円から6,915円に増加し、
事業価値は、9,673円から7,260円へ縮小しています。
この期間の株価は、8,320円から12,670円(理論株価は14,805円→14,175円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+77.9%から+11.9%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。