割安株長期投資<第47回>長期投資に最高の環境

はっしゃんです。

「割安株長期投資」のエントリーは、
割安株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績

 基準比: +836万円(+30%)

 今週はTOPIX、日経平均が続伸し、
 年初の水準に近付いてきました。
 一方でS社は一休みとなっています。

 日本市場は年初来の下げが続いていましたが、
 これからも上昇トレンドが続くとなると、
 長期投資には最高の環境となります。

 さて、どうなりますかね。
 ありがたいことです。

日付 TOPIX S社
終値 基準比 評価額(万円) 基準比
<第47回>2016/11/25 1464 -11% 3643 +30%
<第46回>2016/11/18 1428 -13% 3720 +33%
<第45回>2016/11/11 1378 -16% 3591 +28%
<第44回>2016/11/04 1347 -18% 3601 +28%
<第43回>2016/10/29 1392 -16% 3570 +27%
<第42回>2016/10/21 1365 -17% 3307 +18%
<第41回>2016/10/14 1347 -18% 3174 +13%
<第40回>2016/07/29 1322 -20% 3101 +11%
<第1回>2015/07/30 1647 0% 2807 0%

基準比は第1回を0%とした変動率です。(小数点以下は四捨五入)

割安株長期投資<第46回>風向きが変わってきた

はっしゃんです。

「割安株長期投資」のエントリーは、
割安株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績

 基準比: +913万円(+33%)

 今週は全体的にしっかりした展開となって、
 日経平均は一時18000円乗せの半値戻し。

 業績好調のS社は調整1週間で切り返し、
 上値抵抗線を抜けての上昇トレンド継続。
 業績好調は今に限ったことではないのですが、
 外部環境が良好だと動きがよいですね。(笑)

 今までは逆風の中を小さなエンジンで、
 なんとか前に進んでいたのが、
 急に風向きが変わって追い風になった
 といったところでしょうか。

 もっとも、風向き=外部環境については、
 長続きするか懐疑的ですが。
 ありがたいことです。

日付 TOPIX S社
終値 基準比 評価額(万円) 基準比
<第46回>2016/11/18 1428 -13% 3720 +33%
<第45回>2016/11/11 1378 -16% 3591 +28%
<第44回>2016/11/04 1347 -18% 3601 +28%
<第43回>2016/10/29 1392 -16% 3570 +27%
<第42回>2016/10/21 1365 -17% 3307 +18%
<第41回>2016/10/14 1347 -18% 3174 +13%
<第40回>2016/07/29 1322 -20% 3101 +11%
<第1回>2015/07/30 1647 0% 2807 0%

基準比は第1回を0%とした変動率です。(小数点以下は四捨五入)

[上方修正]<3407>旭化成の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、旭化成の理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m3407_20161117
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 980円 854円 (475円+379円) -12.9%
1年前 842円 937円 (510円+427円) +11.3%
2年前 1,032円 940円 (450円+490円) -9.0%
3年前 808円 832円 (406円+426円) +3.0%
4年前 470円 501円 (313円+188円) +6.6%

旭化成の資産価値は4年前の313円から475円に増加し、
事業価値は、188円から379円へ拡大しました。
この期間の株価は、470円から980円(理論株価は501円→854円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+6.6%から-12.9%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[上方修正]<2730>エディオンの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、エディオンの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m2730_20161116
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 1,010円 1,194円 (922円+272円) +18.2%
1年前 981円 1,106円 (904円+201円) +12.7%
2年前 771円 912円 (787円+125円) +18.3%
3年前 596円 769円 (738円+31円) +29.0%
4年前 322円 304円 (295円+9円) -5.6%

エディオンの資産価値は4年前の295円から922円に増加し、
事業価値は、9円から272円へ拡大しました。
この期間の株価は、322円から1,010円(理論株価は304円→1,194円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-5.6%から+18.2%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

<7201>日産自動車の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、日産自動車の理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m7201_20161115
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 1,000円 1,122円 (660円+462円) +12.2%
1年前 1,315円 1,196円 (762円+434円) -9.1%
2年前 1,109円 947円 (662円+285円) -14.7%
3年前 936円 820円 (592円+228円) -12.4%
4年前 799円 768円 (474円+294円) -3.9%

日産自動車の資産価値は4年前の474円から660円に増加し、
事業価値は、294円から462円へ拡大しました。
この期間の株価は、799円から1,000円(理論株価は768円→1,122円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-3.9%から+12.2%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

割安株長期投資<第45回>決算通過

はっしゃんです。

「割安株長期投資」のエントリーは、
割安株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績

 基準比: +784万円(+28%)

 今週はトランプショックの波乱がありましたが、
 1日だけに終わりましたね。

 S社はサプライズとまではいかないものの、
 好決算を発表して理論株価も30%の上昇となり、
 よい流れになってきました。

 株価は事前に上昇していたこともあり、
 小動きでわずかなマイナスとなりました。
 業績変化が大きくなってきており、
 長期投資での飛躍が期待でそうです。

 ありがたいことです。

日付 TOPIX S社
終値 基準比 評価額(万円) 基準比
<第45回>2016/11/11 1378 -16% 3591 +28%
<第44回>2016/11/04 1347 -18% 3601 +28%
<第43回>2016/10/29 1392 -16% 3570 +27%
<第42回>2016/10/21 1365 -17% 3307 +18%
<第41回>2016/10/14 1347 -18% 3174 +13%
<第40回>2016/07/29 1322 -20% 3101 +11%
<第1回>2015/07/30 1647 0% 2807 0%

基準比は第1回を0%とした変動率です。(小数点以下は四捨五入)

[上方修正]<1925>大和ハウスの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、大和ハウスの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m1925_20161110
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 2,954円 2,807円 (1,199円+1,608円) -5.0%
1年前 3,429円 2,321円 (1,168円+1,153円) -32.4%
2年前 2,261円 1,757円 (1,027円+730円) -22.3%
3年前 1,990円 1,507円 (934円+573円) -24.3%
4年前 1,260円 1,250円 (703円+547円) -0.8%

大和ハウスの資産価値は4年前の703円から1,199円に増加し、
事業価値は、547円から1,608円へ拡大しました。
この期間の株価は、1,260円から2,954円(理論株価は1,250円→2,807円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-0.8%から-5.0%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

<3064>モノタロウの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、モノタロウの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m3064_20161108
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 2,497円 1,071円 (81円+990円) -57.2%
1年前 3,530円 940円 (65円+875円) -73.4%
2年前 1,415円 488円 (49円+439円) -65.6%
3年前 1,035円 443円 (39円+404円) -57.2%
4年前 601円 280円 (14円+266円) -53.5%

モノタロウの資産価値は4年前の14円から81円に増加し、
事業価値は、266円から990円へ拡大しました。
この期間の株価は、601円から2,497円(理論株価は280円→1,071円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-53.5%から-57.2%へと低下しました。

また、モノタロウの理論株価は事業価値の比率が92.5%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[下方修正]<7261>マツダの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、マツダの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m7261_20161107
Copyright (C) 2016 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 1,617円 1,882円 (1,035円+847円) +16.4%
1年前 2,558円 2,942円 (1,054円+1,888円) +15.0%
2年前 3,066円 2,467円 (777円+1,690円) -19.6%
3年前 2,355円 1,245円 (565円+680円) -47.2%
4年前 650円 475円 (465円+10円) -27.0%

マツダの資産価値は4年前の465円から1,035円に増加し、
事業価値は、10円から847円へ拡大しました。
この期間の株価は、650円から1,617円(理論株価は475円→1,882円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-27.0%から+16.4%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

割安株長期投資<第44回>2週連続で高値更新

はっしゃんです。

「割安株長期投資」のエントリーは、
割安株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績

 基準比: +794万円(+28%)

 今週は全体的に売り優勢でしたが、
 S社は堅調に推移して2週連続の高値更新。
 といっても、ほんの少しですけど。(笑)
 今までとは違い、なぜか強いです。

 決算期待の買いが継続しているのでしょうが、
 梯子は外されたくないものですね。

 ありがたいことです。

日付 TOPIX S社
終値 基準比 評価額(万円) 基準比
<第44回>2016/11/04 1347 -18% 3601 +28%
<第43回>2016/10/29 1392 -16% 3570 +27%
<第42回>2016/10/21 1365 -17% 3307 +18%
<第41回>2016/10/14 1347 -18% 3174 +13%
<第40回>2016/07/29 1322 -20% 3101 +11%
<第1回>2015/07/30 1647 0% 2807 0%

基準比は第1回を0%とした変動率です。(小数点以下は四捨五入)