割安株長期投資<第66回>少し調整買い

はっしゃんです。

「割安株長期投資」のエントリーは、
割安株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績

 基準比: +1965万円(+56%)

 地政学的リスクがやや後退し、
 反発の動きになりました。
 調整が続いていたS社も反発。

 初回分と第53回分を合わせた株数を
 揃えるため少し調整買いを行いましたので、
 基準値は3517万円になりました。

 ありがたいことです。

日付 S社 TOPIX
評価額(万円) 損益額(万円) 基準比 終値 基準比
<第66回>2017/04/28 5482 +1965 +56% 1531 -7%
<第65回>2017/04/21 5164 +1764 +52% 1488 -10%
<第64回>2017/04/14 5128 +1728 +51% 1459 -12%
<第63回>2017/04/07 5348 +1948 +57% 1489 -10%
<第62回>2017/03/31 5512 +2112 +62% 1512 -8%
<第61回>2017/03/24 5360 +1960 +58% 1543 -6%
<第60回>2017/03/17 5072 +1672 +49% 1565 -5%
<第53回>2017/01/27 4896 +1496 +44% 1549 -6%
<第50回>2016/12/30 3958 +1151 +41% 1518 -8%
<第40回>2016/07/29 3101 +294 +11% 1322 -20%
<第30回>2016/03/04 3206 +399 +12% 1375 -17%
<第20回>2015/12/04 3444 +637 +23% 1574 -4%
<第10回>2015/09/25 2979 +172 +6% 1453 -12%
<第1回>2015/07/30 2807 0 0% 1647 0%

基準比は第1回、53回、66回をベースとした変動率です。(小数点以下は四捨五入)

[上方修正]<3053>ペッパーフードの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ペッパーの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *

m3053_20170428
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 1,969円 1,037円 (186円+851円) -47.4%
1年前 1,031円 708円 (143円+565円) -31.4%
2年前 957円 760円 (81円+679円) -20.6%
3年前 573円 371円 (35円+336円) -35.3%
4年前 282円 263円 (22円+241円) -6.8%

ペッパーの資産価値は4年前の22円から186円に増加し、
事業価値は、241円から851円へ拡大しました。
この期間の株価は、282円から1,969円(理論株価は263円→1,037円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-6.8%から-47.4%へと低下しました。

また、ペッパーの理論株価は事業価値の比率が82.0%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[今期増額]<3092>スタートトゥの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、スタートトゥの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *

m3092_20170428
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 2,380円 1,340円 (67円+1,273円) -43.7%
1年前 1,547円 800円 (40円+760円) -48.3%
2年前 988円 1,140円 (57円+1,083円) +15.4%
3年前 713円 824円 (42円+782円) +15.6%
4年前 491円 560円 (28円+532円) +14.1%

スタートトゥの資産価値は4年前の28円から67円に増加し、
事業価値は、532円から1,273円へ拡大しました。
この期間の株価は、491円から2,380円(理論株価は560円→1,340円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+14.1%から-43.7%へと低下しました。

また、スタートトゥの理論株価は事業価値の比率が95.0%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[決算発表]<7974>任天堂の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、任天堂の理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *

m7974_20170427
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 27,465円 8,711円 (8,434円+277円) -68.3%
1年前 15,155円 8,431円 (7,730円+701円) -44.4%
2年前 20,320円 8,897円 (8,126円+771円) -56.3%
3年前 10,740円 7,980円 (7,973円+7円) -25.7%
4年前 10,720円 10,041円 (7,679円+2,362円) -6.4%

任天堂の資産価値は4年前の7,679円から8,434円に増加し、
事業価値は、2,362円から277円へ縮小しています。
この期間の株価は、10,720円から27,465円(理論株価は10,041円→8,711円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-6.4%から-68.3%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[今期増額]<4348>インフォコムの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、インフォコムの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m4348_20170427
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 1,943円 2,071円 (649円+1,422円) +6.6%
1年前 1,682円 1,847円 (541円+1,306円) +9.8%
2年前 1,019円 1,595円 (574円+1,021円) +56.5%
3年前 859円 1,474円 (531円+943円) +71.6%
4年前 867円 1,290円 (485円+805円) +48.8%

インフォコムの資産価値は4年前の485円から649円に増加し、
事業価値は、805円から1,422円へ拡大しました。
この期間の株価は、867円から1,943円(理論株価は1,290円→2,071円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+48.8%から+6.6%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[決算発表]<4689>ヤフーの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ヤフーの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *

m4689_20170426
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 525円 313円 (126円+187円) -40.4%
1年前 496円 392円 (112円+280円) -21.0%
2年前 491円 462円 (91円+371円) -6.0%
3年前 444円 443円 (82円+361円) -0.3%
4年前 488円 424円 (71円+353円) -13.2%

ヤフーの資産価値は4年前の71円から126円に増加し、
事業価値は、353円から187円へ縮小しています。
この期間の株価は、488円から525円(理論株価は424円→313円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-13.2%から-40.4%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[決算発表]<3938>LINEの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、LINEの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *

m3938_20170426
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 4,220円 611円 (467円+144円) -85.6%

[上方修正]<3923>ラクスの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ラクスの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *

m3923_20170425
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 1,724円 647円 (96円+551円) -62.5%
1年前 910円 454円 (72円+382円) -50.2%

ラクスの資産価値は1年前の72円から96円に増加し、
事業価値は、382円から551円へ拡大しました。
この期間の株価は、910円から1,724円(理論株価は454円→647円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
1年間に-50.2%から-62.5%へと低下しました。

また、ラクスの理論株価は事業価値の比率が85.2%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

割安株長期投資<第65回>期待できそうにない雰囲気

はっしゃんです。

「割安株長期投資」のエントリーは、
割安株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績

 基準比: +1764万円(+52%)

 少し落ち着いてきましたが、
 地政学的リスクが意識され、
 しばらく期待できそうにない雰囲気。

 ただ、業績修正した銘柄には、
 素直に買いが入っているようですね。

 ありがたいことです。

日付 S社 TOPIX
評価額(万円) 損益額(万円) 基準比 終値 基準比
<第65回>2017/04/21 5164 +1764 +52% 1488 -10%
<第64回>2017/04/14 5128 +1728 +51% 1459 -12%
<第63回>2017/04/07 5348 +1948 +57% 1489 -10%
<第62回>2017/03/31 5512 +2112 +62% 1512 -8%
<第61回>2017/03/24 5360 +1960 +58% 1543 -6%
<第60回>2017/03/17 5072 +1672 +49% 1565 -5%
<第53回>2017/01/27 4896 +1496 +44% 1549 -6%
<第50回>2016/12/30 3958 +1151 +41% 1518 -8%
<第40回>2016/07/29 3101 +294 +11% 1322 -20%
<第30回>2016/03/04 3206 +399 +12% 1375 -17%
<第20回>2015/12/04 3444 +637 +23% 1574 -4%
<第10回>2015/09/25 2979 +172 +6% 1453 -12%
<第1回>2015/07/30 2807 0 0% 1647 0%

基準比は第1回および第53回をベースとした変動率です。(小数点以下は四捨五入)

[上方修正]<3793>ドリコムの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ドリコムの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *

m3793_20170420
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 1,419円 467円 (86円+381円) -67.1%
1年前 326円 59円 (59円+0円) -82.0%
2年前 803円 95円 (95円+0円) -88.2%
3年前 1,225円 95円 (95円+0円) -92.3%
4年前 700円 112円 (105円+7円) -84.0%

ドリコムの資産価値は4年前の105円から86円に減少し、
事業価値は、7円から381円へ拡大しました。
この期間の株価は、700円から1,419円(理論株価は112円→467円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-84.0%から-67.1%へと改善しました。

また、ドリコムの理論株価は事業価値の比率が81.6%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。