成長株長期投資<第97回>持株会と長期投資

はっしゃんです。

「成長株長期投資」のエントリーは、
成長株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績
 評価額:9052万円
 基準比:+5535万円(+157%)

corp_s

 2週間ぶりの企画登場です。

 海外、国内市場ともリスクオンムードになってきましたが、
 いよいよ米国で減税法案が成立しました。
 短期的には材料出尽くしから調整、
 年明け後の決算見極めという流れでしょうか。

 S社は引き続き小動きです。

 * * *

今日は「持株会と長期投資」について。
長文です。

持株会とは?
 四季報をみると、株主上位に
 従業員持株会が入っている
 ところを見かけると思います。

 持株会は、従業員が給料の一部を積み立てて
 自社株式を購入する制度です。

 持株会を通じて購入した自社株は、
 単位株まで貯まると自己名義に振り替えて
 市場で売却できるようになりますので、
 長期間に渡る株式での資産形成手段として
 大きな役割を果たします。

株式投資の登竜門
 はっしゃんの場合は、
 新卒入社が上場企業だったので
 そのまま持株会に入会。
 これが株式投資の直接のきっかけ
 になりました。

 サラリーマンにとって持株会は、
 株式投資の登竜門ともいえます。

 持株会での投資については、
 賛否両論あると思いますが、
 はっしゃん式スロートレードでは、
  「最大限に利用すべし」
 という考え方です。

 持株会投資で成功した話は、
 あまり聞いたことがありませんが、
 はっしゃんは持株会長者(笑)でもありますので、
 少し紹介したいと思います。

ドルコスト平均法
 持株会投資は必然的に長期投資、
 それもドルコスト平均法になります。
 これは、毎月同じ銘柄に同じ金額を
 投資し続けるという方法です。

 成長企業の場合、この方法は非常に有利です。
 はっしゃんの場合は、持株会を通じて退職するまで
 10年以上、自社株に投資し続けていました。
 積立金額は、毎月2-3万円+ボーナス時3倍で、
 のべ投資金額は約600万円です。

 ちなみに持株会では、積立金額も変更できます。
 はっしゃんの場合は、ITバブル時に
 自社株が人気化して大きく上昇、
 理論株価と比べ超割高となった時には、
 積立金額を1000円(笑)に変更していました。

持株会のメリット
 持株会の大きなメリットとして、
 投資対象となる会社のことを
 よく理解できる立場にあることが
 あげられると思います。

 勤務先だから当たり前ですが、
 他の投資家が知ることができない
 内部情報も知ることができます。
 極めて優位な立場にあることは、
 間違いありません。

 もちろんインサイダー取引になりますので
 通常取引には制限がありますが、
 いわば合法的にできるインサイダー取引が、
 持株会というわけです。
 これは、ものすごく魅力的です。(笑)

 また、退職後も元勤務先ですので、
 インサイダーこそ厳禁ですが、
 人や商品、店舗、新規事業の動きなど、
 内部事情を知っているだけに何かと有利です。

 長期投資は企業分析が基本ですが、
 成長戦略や人事情報、売上収支など
 第三者が入手困難な情報まで
 詳しく分析できる勤務先企業は、
 投資先ベスト選択肢の1つに値するでしょう。

持株会のデメリット
 持株会のデメリットとしては、
 企業が倒産した場合、
 収入と資産を同時に失う
 ことが言われています。

 ようするにリスク管理の問題ですが、
 これは投資や経営のことを
 全く知らない素人の場合のリスクです。

 賢明なる投資家ならば、
 投資先企業の倒産リスクくらい
 容易に判断出来ると思います。

 また、分からない人向けには、
 理論株価WEBと倒産確率WEBを、
 はっしゃんが公開しています。(笑)

 はっしゃんが持株会に入会した時も、
 山一証券の倒産事例などがあり、
 敬遠する人もかなり多かったですけど、
 株というのは安い時に買うものですからね。

 もちろん、株式ですので資産変動が
 大きいのは事実ですが、
 それは皆さんよくご存じでしょう。

 はっしゃんの場合も勤務先がIT系で
 持株会でITバブルも経験しましたが、
 こういう時は、いきなり10倍になったり、
 バブル崩壊で10分の1になったりもします。(笑)

上場企業サラリーマンの特権
 持株会投資は上場企業に勤務する
 サラリーマンのみに許された特権で、
 長期の資産形成で大きなメリットがある
 非常に意義のある制度だと思います。

 個人的には、上場企業に勤める
 「唯一のメリット」が持株会投資である
 といっても過言ではないと思います。

 極論すれば、従業員持株会のない会社、
 あっても、持株会での長期投資に不適格な会社には、
 雇用契約を結ぶ価値がないと言えます。
 会社を選べる立場であればの話ですが。(笑)

 退職後は会社を離れることになりますが、
 持株会で積み立てた株式は、
 自己名義で継続保有できます。

 はっしゃんは、急騰時や退職時に一部売却しましたが、
 残りは投資価値がありと判断して長期保有しており、
 積立平均比で数倍になっています。(2017年末現在)

長期投資の王道
 はっしゃんが持株会を通じて、
 ドルコスト平均法という
 長期投資の王道を10年以上、
 実践できたことは非常に有意義でした。

 そして企業分析についても、
 持株会を通じて自社に興味を持ち、
 多くのノウハウを学びました。
 理系の会社で、技術だけでなく、
 ファンダメンタルズも分かると有利でした。
 
 今でも同じ状況なら
 同じことをすると思います。

 上場企業サラリーマンのみなさん、
 持株会投資を積極的に活用しましょう。

ありがたいことです。

日付 S社 TOPIX
評価額(万円) 損益額(万円) 基準比 終値 基準比
<第97回>2017/12/22 9052 +5535 +157% 1829 +11%
<第96回>2017/12/08 8901 +5384 +153% 1803 +10%
<第95回>2017/12/01 8786 +5269 +150% 1796 +9%
<第94回>2017/11/25 8560 +5043 +143% 1759 +7%
<第93回>2017/11/11 8741 +5224 +149% 1800 +9%
<第92回>2017/11/03 1億245 +6441 +191% 1794 +9%
<第91回>2017/10/27 9799 +6281 +179% 1771 +8%
<第90回>2017/10/20 9889 +6372 +181% 1730 +5%
<第80回>2017/08/11 8318 +4801 +137% 1617 -2%
<第70回>2017/05/26 6650 +3133 +89% 1569 -5%
<第60回>2017/03/17 5072 +1672 +49% 1565 -5%
<第50回>2016/12/30 3958 +1151 +41% 1518 -8%
<第40回>2016/07/29 3101 +294 +11% 1322 -20%
<第30回>2016/03/04 3206 +399 +12% 1375 -17%
<第20回>2015/12/04 3444 +637 +23% 1574 -4%
<第10回>2015/09/25 2979 +172 +6% 1453 -12%
<第1回>2015/07/30 2807 0 0% 1647 0%

基準比は第1回、53回、66回をベースとした変動率です。(小数点以下は四捨五入)