[月次好調]<8005>スクロールの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、スクロールの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 846円→770円 (-9.0%)
 修正余地 +170円 (+28.3%)

 理論上限 1,107円/上限余地 +84.5%
 株価診断 [やや割安] 倒産確率 0.0%

 * * *


m8005_20180528
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 600円 770円 (433円+337円) +28.3%
1年前 364円 634円 (463円+171円) +74.2%
2年前 480円 752円 (455円+297円) +56.7%
3年前 297円 391円 (345円+46円) +31.6%
4年前 254円 325円 (325円+0円) +28.0%

スクロールの資産価値は4年前の325円から433円に増加し、
事業価値は、0円から337円へ拡大しました。
この期間の株価は、254円から600円(理論株価は325円→770円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+28.0%から+28.3%へと推移しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[下方修正]<6036>KeePerの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、KeePerの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 1,630円→813円 (-50.1%)
 修正余地 -627円 (-43.6%)

 理論上限 1,402円/上限余地 -2.7%
 株価診断 [割高] 倒産確率 0.0%

 * * *


m6036_20180523
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 1,440円 813円 (225円+588円) -43.6%
1年前 1,217円 761円 (198円+563円) -37.5%
2年前 864円 628円 (191円+437円) -27.4%
3年前 707円 522円 (159円+363円) -26.2%

KeePerの資産価値は3年前の159円から225円に増加し、
事業価値は、363円から588円へ拡大しました。
この期間の株価は、707円から1,440円(理論株価は522円→813円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
3年間に-26.2%から-43.6%へと低下しました。

KeePerの株価は割高のメドとなる理論上限を上回っています。
株価と理論上限が連動して上昇する場合もありますが、
株価だけ大きく上振れした場合は、天井サインとなります。

また、KeePerの理論株価は事業価値の比率が72.4%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[4Q決算]<4901>富士フイルムの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、富士フイルムの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 6,164円→5,604円 (-9.1%)
 修正余地 +1,299円 (+30.2%)

 理論上限 7,825円/上限余地 +81.8%
 株価診断 [やや割安] 倒産確率 0.0%

 * * *


m4901_20180518
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 4,305円 5,604円 (3,383円+2,221円) +30.2%
1年前 4,038円 4,560円 (3,262円+1,298円) +12.9%
2年前 4,502円 4,871円 (3,192円+1,679円) +8.2%
3年前 4,754円 4,326円 (3,241円+1,085円) -9.1%
4年前 2,628円 3,713円 (2,935円+778円) +41.3%

富士フイルムの資産価値は4年前の2,935円から3,383円に増加し、
事業価値は、778円から2,221円へ拡大しました。
この期間の株価は、2,628円から4,305円(理論株価は3,713円→5,604円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+41.3%から+30.2%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[4Q決算]<2928>RIZAPの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、RIZAPの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 342円→1,094円 (+219.9%)
 修正余地 -596円 (-35.3%)

 理論上限 2,121円/上限余地 +25.5%
 株価診断 [やや割高] 倒産確率 0.0%

 * * *


m2928_20180515
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 1,690円 1,094円 (67円+1,027円) -35.3%
1年前 508円 600円 (40円+560円) +18.1%
2年前 418円 605円 (30円+575円) +44.7%
3年前 502円 54円 (18円+36円) -89.3%
4年前 76円 32円 (14円+18円) -57.9%

RIZAPの資産価値は4年前の14円から67円に増加し、
事業価値は、18円から1,027円へ拡大しました。
この期間の株価は、76円から1,690円(理論株価は32円→1,094円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-57.9%から-35.3%へと改善しました。

また、RIZAPの理論株価は事業価値の比率が93.9%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

成長株長期投資<第112回>決算分析とチャート分析と長期投資

はっしゃんです。

「成長株長期投資」のエントリーは、
成長株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績
 評価額:1億516万円
 基準比:+7000万円(+199%)

corp_s

今週は決算発表を受けて
堅調な展開でしたが、
今期見通しには慎重な企業も多く、
伸び悩んでいる印象でした。

発表前のS社は小動きでした。

 * * *

今日は「決算分析とチャート分析と長期投資」について。

自分で投資先を分析・予測しながら、
企業の成長をできるだけ長く見守り続ける
というのが長期投資のサイクルです。

企業が成長しているというのは、
1.売上が増え続ける
2.利益が増え続ける
3.資産が増え続ける
ということです。

また、理論株価は資産や利益に比例しますから、
4.理論株価が上昇し続ける
ことになります。

株価は短期的には需給で決まるので、
行き過ぎや暴落の影響を受けますが、
理論株価の右肩上がりの上昇と、
株価との連動性を見ることが、
長期投資を続ける一助になります。

 * * *

四半期ごとに発表される決算は、
企業の成長を数字で確認する
重要なイベントです。

決算結果次第で成長シナリオが
変わってくるケースもあり、
株価が大きく動くこともあります。

決算分析というと「難しい」
と思うかもしれませんが、
最低限の項目を見るだけでも、
長期投資の判断は十分可能です。

実は、はっしゃんは、定量分析では、
決算短信の1ページ目の数字
しか見ていません。(笑)

理論株価は1ページ目の数値を
拾うだけで計算できるからです。

 理論株価=資産価値+事業価値
  資産価値=BPS×割引率
  事業価値=EPS×ROA×150×財務レバレッジ

チェックしている項目は、
・利益 (経常利益or税引前利益)
・株主資本 (純資産)
・自己資本比率
の3項目です。

これに加え、BPSとEPSの計算に
発行済み株式数が必要ですが、
簡易的に純利益と1株純利益から求めます。
これを加えても5項目です。

※EPSは特別収支が計上される最終利益ではなく、
 税引前利益に推定実効税率を乗じて計算します。

kessan7551_1

以上をExcelシートにまとめると、
5年分で次のようになります。

kessan7551_2

ここから資産価値と事業価値、理論上限を計算すると、
いつも紹介している理論株価チャートになります。

理論株価計算の詳細については、
 「理論株価と長期投資
のコラムを参考にしてみてください。

kessan7551_3

はっしゃんは、長期投資では、
決算分析は、深く見るより、長く見る方が、
より重要だと考えています。

ポイントは右肩上がりの成長の持続性と、
株価と理論株価の連動性です。

 * * *

さて、長期投資を長く続けると、
成長倒れになった銘柄が淘汰され、
長期間に渡り成長が続いている銘柄が、
手元に残っていくことになります。

それらの理論株価チャートは、
なぜか、よく似た形になります。
どのような形かというと・・・

kessan_choki

のように株価と理論株価が
右肩上がりで連動したチャートです。

理論株価と株価が連動するということは、
決算数字から見てもチャートから見ても
結局、同じことではないかと。(笑)

長期投資では、決算分析とチャート分析は、
実は、表裏一体と言えると思います。

ありがたいことです。

日付 S社 TOPIX
評価額(万円) 損益額(万円) 基準比 終値 基準比
<第112回>2018/05/11 1億516 +7000 +199% 1794 +9%
<第111回>2018/04/27 1億639 +7122 +203% 1777 +8%
<第110回>2018/04/20 1億500 +6983 +199% 1751 +6%
<第100回>2018/01/19 8536 +5019 +143% 1889 +15%
<第90回>2017/10/20 9889 +6372 +181% 1730 +5%
<第80回>2017/08/11 8318 +4801 +137% 1617 -2%
<第70回>2017/05/26 6650 +3133 +89% 1569 -5%
<第60回>2017/03/17 5072 +1672 +49% 1565 -5%
<第50回>2016/12/30 3958 +1151 +41% 1518 -8%
<第40回>2016/07/29 3101 +294 +11% 1322 -20%
<第30回>2016/03/04 3206 +399 +12% 1375 -17%
<第20回>2015/12/04 3444 +637 +23% 1574 -4%
<第10回>2015/09/25 2979 +172 +6% 1453 -12%
<第1回>2015/07/30 2807 0 0% 1647 0%

基準比は第1,53,66回をベースとした変動率です。(小数点以下は四捨五入)

[1Q決算]<4911>資生堂の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、資生堂の理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 1,749円→6,432円 (+267.8%)
 修正余地 -776円 (-10.8%)

 理論上限 12,123円/上限余地 +68.2%
 株価診断 [適正] 倒産確率 0.0%

 * * *


m4911_20180511
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 7,208円 6,432円 (742円+5,690円) -10.8%
1年前 3,728円 2,200円 (677円+1,523円) -41.0%
2年前 2,925円 936円 (679円+257円) -68.0%
3年前 2,496円 807円 (667円+140円) -67.7%
4年前 1,711円 926円 (585円+341円) -45.9%

資生堂の資産価値は4年前の585円から742円に増加し、
事業価値は、341円から5,690円へ拡大しました。
この期間の株価は、1,711円から7,208円(理論株価は926円→6,432円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-45.9%から-10.8%へと改善しました。

また、資生堂の理論株価は事業価値の比率が88.5%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[4Q決算]<2371>カカクコムの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、カカクコムの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 2,155円→2,540円 (+17.9%)
 修正余地 +285円 (+12.6%)

 理論上限 4,961円/上限余地 +120.0%
 株価診断 [適正] 倒産確率 0.0%

 * * *


m2371_20180510
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 2,255円 2,540円 (120円+2,420円) +12.6%
1年前 1,577円 2,305円 (131円+2,174円) +46.2%
2年前 2,100円 2,249円 (118円+2,131円) +7.1%
3年前 1,935円 1,836円 (91円+1,745円) -5.2%
4年前 1,781円 1,536円 (88円+1,448円) -13.8%
5年前 1,227円 1,164円 (64円+1,100円) -5.2%

カカクコムの資産価値は5年前の64円から120円に増加し、
事業価値は、1,100円から2,420円へ拡大しました。
この期間の株価は、1,227円から2,255円(理論株価は1,164円→2,540円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
5年間に-5.2%から+12.6%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[最高決算]<7203>トヨタの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、トヨタの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 10,430円→9,697円 (-7.0%)
 修正余地 +2,273円 (+30.6%)

 理論上限 15,239円/上限余地 +105.3%
 株価診断 [やや割安] 倒産確率 0.0%

 * * *


m7203_20180509
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 7,424円 9,697円 (4,156円+5,541円) +30.6%
1年前 5,932円 6,875円 (3,795円+3,080円) +15.9%
2年前 5,783円 6,829円 (3,560円+3,269円) +18.1%
3年前 8,604円 10,708円 (3,468円+7,240円) +24.5%
4年前 5,761円 8,354円 (2,967円+5,387円) +45.0%
5年前 6,010円 6,200円 (2,493円+3,707円) +3.2%

トヨタの資産価値は5年前の2,493円から4,156円に増加し、
事業価値は、3,707円から5,541円へ拡大しました。
この期間の株価は、6,010円から7,424円(理論株価は6,200円→9,697円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
5年間に+3.2%から+30.6%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[4Q決算]<4680>ラウンドワンの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ラウンドワンの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 673円→1,161円 (+72.5%)
 修正余地 -590円 (-33.7%)

 理論上限 1,905円/上限余地 +8.8%
 株価診断 [やや割高] 倒産確率 0.0%

 * * *


m4680_20180508
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 1,751円 1,161円 (417円+744円) -33.7%
1年前 1,141円 626円 (374円+252円) -45.2%
2年前 747円 510円 (339円+171円) -31.8%
3年前 593円 576円 (393円+183円) -2.9%
4年前 680円 779円 (393円+386円) +14.6%

ラウンドワンの資産価値は4年前の393円から417円に増加し、
事業価値は、386円から744円へ拡大しました。
この期間の株価は、680円から1,751円(理論株価は779円→1,161円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+14.6%から-33.7%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[1Q決算]<2914>JTの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、JTの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 3,722円→4,019円 (+8.0%)
 修正余地 +1,133円 (+39.3%)

 理論上限 7,017円/上限余地 +143.1%
 株価診断 [やや割安] 倒産確率 0.0%

 * * *


m2914_20180501
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 2,886円 4,019円 (1,021円+2,998円) +39.3%
1年前 4,161円 4,339円 (951円+3,388円) +4.3%
2年前 4,402円 4,260円 (927円+3,333円) -3.3%
3年前 4,540円 4,037円 (875円+3,162円) -11.1%
4年前 3,444円 3,286円 (965円+2,321円) -4.6%

JTの資産価値は4年前の965円から1,021円に増加し、
事業価値は、2,321円から2,998円へ拡大しました。
この期間の株価は、3,444円から2,886円(理論株価は3,286円→4,019円)に下落しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-4.6%から+39.3%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。