[株価急落]<8358>スルガ銀の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、スルガ銀の理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 904円→525円 (-41.9%)
 修正余地 -39円 (-7.0%)

 理論上限 823円/上限余地 +45.9%
 株価診断 [やや割安] 倒産確率 0.0%

 * * *


m8358_20180826
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 564円 525円 (500円+25円) -7.0%
1年前 2,352円 1,144円 (757円+387円) -51.4%
2年前 2,461円 950円 (657円+293円) -61.4%
3年前 2,326円 891円 (631円+260円) -61.7%
4年前 1,976円 727円 (541円+186円) -63.3%

スルガ銀の資産価値は4年前の541円から500円に減少し、
事業価値は、186円から25円へ縮小しています。
この期間の株価は、1,976円から564円(理論株価は727円→525円)に下落しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-63.3%から-7.0%へと改善しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[2Q決算]<8186>大塚家具の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、大塚家具の理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 501円→534円 (+6.6%)
 修正余地 +145円 (+37.3%)

 理論上限 534円/上限余地 +37.3%
 株価診断 [やや割安] 倒産確率 0.1%

 * * *


m8186_20180814
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 389円 534円 (534円+0円) +37.3%
1年前 832円 775円 (775円+0円) -6.9%
2年前 900円 1,170円 (1,170円+0円) +30.0%
3年前 1,644円 1,431円 (1,428円+3円) -13.0%
4年前 1,041円 1,568円 (1,452円+116円) +50.6%

大塚家具の資産価値は4年前の1,452円から534円に減少し、
事業価値は、116円から0円へ縮小しています。
この期間の株価は、1,041円から389円(理論株価は1,568円→534円)に下落しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+50.6%から+37.3%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[1Q決算]<3923>ラクスの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ラクスの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 643円→926円 (+44.0%)
 修正余地 -739円 (-44.4%)

 理論上限 1,788円/上限余地 +7.4%
 株価診断 [やや割高] 倒産確率 0.1%

 * * *


m3923_20180813
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 1,665円 926円 (64円+862円) -44.4%
1年前 1,048円 596円 (54円+542円) -43.2%
2年前 551円 412円 (42円+370円) -25.3%

ラクスの資産価値は2年前の42円から64円に増加し、
事業価値は、370円から862円へ拡大しました。
この期間の株価は、551円から1,665円(理論株価は412円→926円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
2年間に-25.3%から-44.4%へと低下しました。

また、ラクスの理論株価は事業価値の比率が93.1%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[1Q決算]<6098>リクルートの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、リクルートの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 1,780円→2,656円 (+49.2%)
 修正余地 -379円 (-12.5%)

 理論上限 4,946円/上限余地 +63.0%
 株価診断 [適正] 倒産確率 0.0%

 * * *


m6098_20180812
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 3,035円 2,656円 (365円+2,291円) -12.5%
1年前 2,191円 2,017円 (311円+1,706円) -8.0%
2年前 1,312円 730円 (298円+432円) -44.4%
3年前 1,243円 667円 (333円+334円) -46.4%

リクルートの資産価値は3年前の333円から365円に増加し、
事業価値は、334円から2,291円へ拡大しました。
この期間の株価は、1,243円から3,035円(理論株価は667円→2,656円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
3年間に-46.4%から-12.5%へと改善しました。

また、リクルートの理論株価は事業価値の比率が86.2%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[2Q決算]<2702>マクドナルドの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、マクドナルドの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 3,408円→2,266円 (-33.5%)
 修正余地 -2,669円 (-54.1%)

 理論上限 3,752円/上限余地 -24.0%
 株価診断 [割高] 倒産確率 0.0%

 * * *


m2702_20180809
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 4,935円 2,266円 (779円+1,487円) -54.1%
1年前 4,885円 1,478円 (613円+865円) -69.8%
2年前 2,856円 563円 (552円+11円) -80.3%
3年前 2,670円 618円 (618円+0円) -76.9%
4年前 2,565円 1,094円 (1,021円+73円) -57.4%

マクドナルドの資産価値は4年前の1,021円から779円に減少し、
事業価値は、73円から1,487円へ拡大しました。
この期間の株価は、2,565円から4,935円(理論株価は1,094円→2,266円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-57.4%から-54.1%へと改善しました。

マクドナルドの株価は割高のメドとなる理論上限を上回っています。
株価と理論上限が連動して上昇する場合もありますが、
株価だけ大きく上振れした場合は、天井サインとなります。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[2Q決算]<4911>資生堂の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、資生堂の理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 6,432円→4,024円 (-37.4%)
 修正余地 -3,524円 (-46.7%)

 理論上限 7,278円/上限余地 -3.6%
 株価診断 [割高] 倒産確率 0.0%

 * * *


m4911_20180808
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 7,548円 4,024円 (770円+3,254円) -46.7%
1年前 4,559円 1,455円 (694円+761円) -68.1%
2年前 2,601円 782円 (621円+161円) -70.0%
3年前 2,545円 832円 (665円+167円) -67.4%
4年前 1,920円 913円 (545円+368円) -52.5%

資生堂の資産価値は4年前の545円から770円に増加し、
事業価値は、368円から3,254円へ拡大しました。
この期間の株価は、1,920円から7,548円(理論株価は913円→4,024円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-52.5%から-46.7%へと改善しました。

資生堂の株価は割高のメドとなる理論上限を上回っています。
株価と理論上限が連動して上昇する場合もありますが、
株価だけ大きく上振れした場合は、天井サインとなります。

また、資生堂の理論株価は事業価値の比率が80.9%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[2Q決算]<5301>東海カの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、東海カの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 5,211円→5,421円 (+4.0%)
 修正余地 +3,202円 (+144.3%)

 理論上限 10,237円/上限余地 +361.3%
 株価診断 [割安] 倒産確率 0.0%

 * * *


m5301_20180807
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 2,219円 5,421円 (605円+4,816円) +144.3%
1年前 794円 591円 (417円+174円) -25.6%
2年前 273円 382円 (382円+0円) +39.9%
3年前 297円 375円 (353円+22円) +26.3%
4年前 293円 413円 (399円+14円) +41.0%

東海カの資産価値は4年前の399円から605円に増加し、
事業価値は、14円から4,816円へ拡大しました。
この期間の株価は、293円から2,219円(理論株価は413円→5,421円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+41.0%から+144.3%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[1Q決算]<9984>ソフトバンクの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ソフトバンクの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 2,565円→13,710円 (+434.5%)
 修正余地 +4,277円 (+45.3%)

 理論上限 24,592円/上限余地 +160.7%
 株価診断 [やや割安] 倒産確率 0.0%

 * * *


m9984_20180806
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 9,433円 13,710円 (2,828円+10,882円) +45.3%
1年前 8,922円 1,970円 (1,730円+240円) -78.0%
2年前 6,756円 6,439円 (1,189円+5,250円) -4.7%
3年前 7,063円 7,575円 (1,491円+6,084円) +7.2%
4年前 7,506円 3,187円 (985円+2,202円) -57.6%

ソフトバンクの資産価値は4年前の985円から2,828円に増加し、
事業価値は、2,202円から10,882円へ拡大しました。
この期間の株価は、7,506円から9,433円(理論株価は3,187円→13,710円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-57.6%から+45.3%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[1Q決算]<7203>トヨタの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、トヨタの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 9,697円→13,735円 (+41.6%)
 修正余地 +6,515円 (+90.2%)

 理論上限 23,305円/上限余地 +222.8%
 株価診断 [割安] 倒産確率 0.0%

 * * *


m7203_20180805
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 7,220円 13,735円 (4,166円+9,569円) +90.2%
1年前 6,183円 7,804円 (4,127円+3,677円) +26.2%
2年前 6,238円 6,449円 (3,428円+3,021円) +3.4%
3年前 7,192円 10,660円 (3,553円+7,107円) +48.2%
4年前 5,928円 8,330円 (3,017円+5,313円) +40.5%
5年前 5,940円 6,702円 (2,646円+4,056円) +12.8%

トヨタの資産価値は5年前の2,646円から4,166円に増加し、
事業価値は、4,056円から9,569円へ拡大しました。
この期間の株価は、5,940円から7,220円(理論株価は6,702円→13,735円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
5年間に+12.8%から+90.2%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[1Q決算]<9437>NTTドコモの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、NTTドコモの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 3,617円→5,347円 (+47.8%)
 修正余地 +2,493円 (+87.4%)

 理論上限 9,499円/上限余地 +232.8%
 株価診断 [割安] 倒産確率 0.0%

 * * *


m9437_20180802
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 2,854円 5,347円 (1,194円+4,153円) +87.4%
1年前 2,554円 4,241円 (1,129円+3,112円) +66.1%
2年前 2,603円 3,305円 (1,076円+2,229円) +27.0%
3年前 2,539円 2,221円 (1,045円+1,176円) -12.6%
4年前 1,799円 2,225円 (1,063円+1,162円) +23.7%

NTTドコモの資産価値は4年前の1,063円から1,194円に増加し、
事業価値は、1,162円から4,153円へ拡大しました。
この期間の株価は、1,799円から2,854円(理論株価は2,225円→5,347円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+23.7%から+87.4%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。