[上方修正]<6954>ファナックの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ファナックの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 18,271円→20,688円 (+13.2%)
 修正余地 -9,872円 (-32.4%)

 理論上限 35,433円/上限余地 +15.9%
 株価診断 [やや割高] 倒産確率 0.0%

 * * *


m6954_20180126
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 30,560円 20,688円 (5,943円+14,745円) -32.4%
1年前 22,165円 11,878円 (5,496円+6,382円) -46.5%
2年前 15,810円 18,181円 (5,528円+12,653円) +15.0%
3年前 19,890円 22,154円 (5,456円+16,698円) +11.4%
4年前 16,770円 10,956円 (4,824円+6,132円) -34.7%

ファナックの資産価値は4年前の4,824円から5,943円に増加し、
事業価値は、6,132円から14,745円へ拡大しました。
この期間の株価は、16,770円から30,560円(理論株価は10,956円→20,688円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-34.7%から-32.4%へと改善しました。

また、ファナックの理論株価は事業価値の比率が71.3%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。



30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が
3つの最新戦略を期間限定で公開中!

slide1 システムトレードにより30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が最新のシステムトレード戦略を公開します。

【9月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「300万円の資金を1200万円以上に増加させる順張り買い戦略」
1回目の映像では専業システムトレーダーとして活躍されている斉藤正章氏が300万円の資産を1200万円に増加させる「順張り買い戦略」をお伝えいたします。投資で成功するために不可欠な「損小利大」を実現できる戦略ですので、トレード戦略の1つとしてご活用ください。

【9月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略」
2回目の映像では平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略をお伝えします。1日で決済まで完了する戦略なので資金効率が高い運用が可能です。具体的な売買ルールも公開しますので、システムトレードの実践にお役立てください。

【9月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「100%以上の利回りを実現できるマルチストラテジー」
3回目の映像では複数のストラテジーを組み合わせて運用する「マルチストラテジー」についてご紹介します。100%以上の利回りを実現できるトレードシステムもご紹介しますので是非、今後の投資にお役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する