成長株長期投資<第111回>月次情報と長期投資

はっしゃんです。

「成長株長期投資」のエントリーは、
成長株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績
 評価額:1億639万円
 基準比:+7122万円(+203%)

corp_s

今週は海外は不安定でしたが、
国内はNYと連動しない感じで、
円安進行もあり堅調でした。

いよいよ決算発表が始まり、
株価も動き出しましたね。

S社は小動きでした。

 * * *

今日は「月次情報と長期投資」について。

上場企業は、市場から常に
 「成長期待のプレッシャー」
を受けています。

株主期待に応えるために、
無理して拡大路線を突き進んだ結果、
失敗してしまうケースは数多くあります。

一転赤字とか、いきなり下方修正とか、
保有している企業の業績が悪化して、
株価暴落を経験した方も多いでしょう。

期待されていた新規事業や新商品が
うまく立ち上がらず会社自体が傾いて
しまうことも少なくありません。

株価は業績と連動するので、
決算次第で大きく動くこともありますが、
投資家が企業の成長計画について
判断する機会は決算だけではありません。

 * * *

長期投資では節目節目で業績を分析・予測し、
長期的視野で判断するスキルが重要です。

新規事業が上手く運んでいるのか。
新商品が売れているのか。
短期的な成果を長期で判断するとどうか。

成長を狙った長期投資では、
成功すれば大きな伸びが期待できるものの、
失敗すると大きな損失となる局面で、
投資判断を要求されていることになります。

長期投資に不可欠な業績予測スキルの1つに、
「月次情報の活用」があります。

 * * *

通常の企業は、四半期毎に決算を発表しますが、
月次単位で業績速報を公表している企業もあります。

月次情報を公開している企業は、
小売業やサービス業に多いのが特徴ですが、
より精度の高い分析・予測が可能となりますので、
積極的に情報活用していきましょう。

公開されている月次情報は企業によってマチマチですが、
店舗型企業では、おおむね下のようなものです。
・全店売上、累計売上 (前年同月比)
・既存店売上 (前年同月比)
・店舗数、新店情報

 まず、全店売上(前年同月比)の数字から、
売上の進捗状況を確認します。
 月次が企業の売上目標を上回っていれば順調。
下回っていれば注意となります。
 累計が出ている場合は合わせて確認します。

 次に既存店売上をチェックします。
新店に客が入るのは当たり前ですが、
一定期間経過した既存店舗の好不調が、
利益の重要なバロメータとなります。
(新店は出店コストが高いため利益は低くなる)

 店舗数や新店情報もあれば確認します。
店舗営業の売上や利益は店舗数に比例します。
 好調な企業は出店を前倒しにしますが、
問題があれば、出店を遅らせたり、退店します。
 計画と比べて好調なら、業績も期待できますし、
問題があるようなら注意が必要です。

 また、全店、既存店は前年同月比の数値なので、
去年がどうだったかも確認しておきます。
 これは、月次業績が天候やヒット商品の有無などの
影響を大きく受けるためです。
 例えば、前年同月が台風や大雪で業績不振だった場合、
業績の好調が期待できますが、それは一過性のもので、
持続性があるとは限りませんよね。

 さらに同業他社比較も重要です。
 投資先に競合企業がある場合は、ライバル会社の
月次業績もチェックしておきましょう。
 仮に投資先の月次が好調でも、ライバル会社の方が
さらに好調な場合は、あまり評価されないかもしれません。

 最後に株価との比較も確認しておきましょう。
 月次業績+50%と絶好調の会社があったとしても、
株価が前年同月+200%だったとしたら、
上昇余地は少ないかもしれません。(笑)

 * * *

はっしゃんが月次情報投資を始めた15年前は、
月次情報から決算を予測して先回り買いすることで
利益を得ることもできていたのですが、
今や月次情報は投資家が知っていて当たり前の
情報になっています。(笑)

月次発表翌日に株価が大きく動くことも多く、
知らないと逆に不利になりますので、
投資先企業に月次情報があれば、
必ずチェックしておきましょう。

最後にはっしゃんが監修している
 月次情報WEB
というサイトで250社以上の月次情報や
業種別ランキングを確認できますので活用ください。

ありがたいことです。

日付 S社 TOPIX
評価額(万円) 損益額(万円) 基準比 終値 基準比
<第111回>2018/04/27 1億639 +7122 +203% 1777 +8%
<第110回>2018/04/20 1億500 +6983 +199% 1751 +6%
<第100回>2018/01/19 8536 +5019 +143% 1889 +15%
<第90回>2017/10/20 9889 +6372 +181% 1730 +5%
<第80回>2017/08/11 8318 +4801 +137% 1617 -2%
<第70回>2017/05/26 6650 +3133 +89% 1569 -5%
<第60回>2017/03/17 5072 +1672 +49% 1565 -5%
<第50回>2016/12/30 3958 +1151 +41% 1518 -8%
<第40回>2016/07/29 3101 +294 +11% 1322 -20%
<第30回>2016/03/04 3206 +399 +12% 1375 -17%
<第20回>2015/12/04 3444 +637 +23% 1574 -4%
<第10回>2015/09/25 2979 +172 +6% 1453 -12%
<第1回>2015/07/30 2807 0 0% 1647 0%

基準比は第1,53,66回をベースとした変動率です。(小数点以下は四捨五入)



ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する