[3Q決算]<7974>任天堂の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、任天堂の理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 20,293円→43,224円 (+113.0%)
 上昇余地 +9,394円 (+27.8%)

 理論上限 77,554円/上限余地 +129.2%
 株価診断 [やや割安] 倒産確率 0.00%

 * * *

m7974_20190131
Copyright (C) 2019 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 上昇余地
現在値 33,830円 43,224円 (8,893円+34,331円) +27.8%
1年前 47,970円 31,564円 (8,428円+23,136円) -34.3%
2年前 23,120円 8,758円 (8,434円+324円) -62.2%
3年前 16,655円 8,895円 (7,923円+972円) -46.6%
4年前 11,430円 8,898円 (8,126円+772円) -22.2%

任天堂の資産価値は4年前の8,126円から8,893円に増加し、
事業価値は、772円から34,331円へ拡大しました。
この期間の株価は、11,430円から33,830円(理論株価は8,898円→43,224円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の上昇余地は、
4年間に-22.2%から+27.8%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[3Q決算]<4661>OLCの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、OLCの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 5,434円→6,505円 (+19.7%)
 上昇余地 -4,410円 (-40.5%)

 理論上限 11,152円/上限余地 +2.2%
 株価診断 [やや割高] 倒産確率 0.00%

 * * *

m4661_20190130

m4661_20190130

Copyright (C) 2019 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 上昇余地
現在値 10,915円 6,505円 (1,859円+4,646円) -40.5%
1年前 10,660円 5,539円 (1,659円+3,880円) -48.1%
2年前 6,187円 4,766円 (1,481円+3,285円) -23.0%
3年前 7,623円 4,420円 (1,386円+3,034円) -42.1%
4年前 7,129円 4,087円 (1,232円+2,855円) -42.7%
5年前 3,899円 4,010円 (1,095円+2,915円) +2.8%

OLCの資産価値は5年前の1,095円から1,859円に増加し、
事業価値は、2,915円から4,646円へ拡大しました。
この期間の株価は、3,899円から10,915円(理論株価は4,010円→6,505円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の上昇余地は、
5年間に+2.8%から-40.5%へと低下しました。

また、OLCの理論株価は事業価値の比率が71.4%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[3Q決算]<4063>信越化の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、信越化の理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 16,833円→17,022円 (+1.1%)
 上昇余地 +7,936円 (+87.3%)

 理論上限 29,205円/上限余地 +221.4%
 株価診断 [割安] 倒産確率 0.00%

 * * *

m8591_20190128
Copyright (C) 2019 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 上昇余地
現在値 9,086円 17,022円 (4,839円+12,183円) +87.3%
1年前 12,410円 11,018円 (4,341円+6,677円) -11.3%
2年前 9,747円 7,460円 (3,820円+3,640円) -23.5%
3年前 6,081円 6,445円 (3,849円+2,596円) +6.0%
4年前 7,848円 5,868円 (3,592円+2,276円) -25.3%

信越化の資産価値は4年前の3,592円から4,839円に増加し、
事業価値は、2,276円から12,183円へ拡大しました。
この期間の株価は、7,848円から9,086円(理論株価は5,868円→17,022円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の上昇余地は、
4年間に-25.3%から+87.3%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[3Q決算]<8591>オリックスの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、オリックスの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 2,742円→2,418円 (-11.8%)
 上昇余地 +734円 (+43.6%)

 理論上限 3,517円/上限余地 +108.8%
 株価診断 [やや割安] 倒産確率 0.00%

 * * *

m8591_20190128
Copyright (C) 2019 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 上昇余地
現在値 1,684円 2,418円 (1,320円+1,098円) +43.6%
1年前 2,035円 2,965円 (1,248円+1,717円) +45.7%
2年前 1,707円 2,409円 (1,116円+1,293円) +41.1%
3年前 1,687円 2,346円 (1,041円+1,305円) +39.1%
4年前 1,367円 1,863円 (965円+898円) +36.3%

オリックスの資産価値は4年前の965円から1,320円に増加し、
事業価値は、898円から1,098円へ拡大しました。
この期間の株価は、1,367円から1,684円(理論株価は1,863円→2,418円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の上昇余地は、
4年間に+36.3%から+43.6%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

成長株長期投資<第130回>決算シーズン突入

はっしゃんです。

今週は底堅い展開となり、
12月暴落前から日経平均で半値戻し。
下げが大きかった新興市場は、
戻りも大きくなっています。
S社は小反落。

目先の悪材料は織り込んだ状態で、
いよいよ決算シーズン突入です。

ありがたいことです。

投資成績
 評価額:9073万円
 基準比:+5556万円 (+158%)
※基準比は平均購入単価ベースの変動率です。(小数点以下は切り捨て)

result130-min

[3Q決算]<6594>日電産の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、日電産の理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 10,028円→8,046円 (-19.8%)
 上昇余地 -4,169円 (-34.2%)

 理論上限 13,887円/上限余地 +13.7%
 株価診断 [やや割高] 倒産確率 0.00%

 * * *

m6594_20190123w
Copyright (C) 2019 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 上昇余地
現在値 12,215円 8,046円 (2,206円+5,840円) -34.2%
1年前 17,450円 7,216円 (2,244円+4,972円) -58.7%
2年前 10,610円 6,154円 (1,967円+4,187円) -42.0%
3年前 8,102円 4,943円 (1,878円+3,065円) -39.0%
4年前 8,074円 4,321円 (1,558円+2,763円) -46.5%
5年前 5,763円 3,311円 (1,237円+2,074円) -42.6%

日電産の資産価値は5年前の1,237円から2,206円に増加し、
事業価値は、2,074円から5,840円へ拡大しました。
この期間の株価は、5,763円から12,215円(理論株価は3,311円→8,046円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の上昇余地は、
5年間に-42.6%から-34.2%へと改善しました。

また、日電産の理論株価は事業価値の比率が72.6%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[2Q決算]<9267>Genkyの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、Genkyの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 3,177円→2,693円 (-15.2%)
 上昇余地 -154円 (-5.5%)

 理論上限 4,333円/上限余地 +52.2%
 株価診断 [適正] 倒産確率 0.00%

 * * *

m9267_20190122w
Copyright (C) 2019 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 上昇余地
現在値 2,847円 2,693円 (1,053円+1,640円) -5.5%
1年前 3,690円 2,822円 (984円+1,838円) -23.6%

Genkyの資産価値は1年前の984円から1,053円に増加し、
事業価値は、1,838円から1,640円へ縮小しています。
この期間の株価は、3,690円から2,847円(理論株価は2,822円→2,693円)に下落しています。

理論株価を基準とした株価の上昇余地は、
1年間に-23.6%から-5.5%へと改善しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

成長株長期投資<第129回>本当の勝負は決算

はっしゃんです。

今週はNY市場が4連騰と値を戻し、
外的要因次第の日本株も続きました。
日本株の戻りが鈍いのが気になりますが、
S社も反発しました。

しょせん長期投資にとって、
短期の需給変動は誤差のようなもの。
本当の勝負はまもなく始まる決算です。

株価は先行指標ですから、
好業績で先行下落することもあれば、
業績悪化で上昇が続くこともあります。

景気の踊り場から下なのか上なのか。
決算内容と市場評価の温度差にも注目ですね。

ありがたいことです。

投資成績
 評価額:9138万円
 基準比:+5621万円 (+159%)
※基準比は平均購入単価ベースの変動率です。(小数点以下は切り捨て)

result129

[下方修正]<6594>日電産の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、日電産の理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 10,028円→6,280円 (-37.4%)
 上昇余地 -6,115円 (-49.4%)

 理論上限 10,159円/上限余地 -18.1%
 株価診断 [割高] 倒産確率 0.00%

 * * *

m6594_20190117
Copyright (C) 2019 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 上昇余地
現在値 12,395円 6,280円 (2,400円+3,880円) -49.4%
1年前 17,450円 7,216円 (2,244円+4,972円) -58.7%
2年前 10,610円 6,154円 (1,967円+4,187円) -42.0%
3年前 8,102円 4,943円 (1,878円+3,065円) -39.0%
4年前 8,074円 4,321円 (1,558円+2,763円) -46.5%
5年前 5,763円 3,311円 (1,237円+2,074円) -42.6%

日電産の資産価値は5年前の1,237円から2,400円に増加し、
事業価値は、2,074円から3,880円へ拡大しました。
この期間の株価は、5,763円から12,395円(理論株価は3,311円→6,280円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の上昇余地は、
5年間に-42.6%から-49.4%へと低下しました。

日電産の株価は割高のメドとなる理論上限を上回っています。
株価と理論上限が連動して上昇する場合もありますが、
株価だけ大きく上振れした場合は、天井サインとなります。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[2Q決算]<6047>Gunosyの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、Gunosyの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 2,445円→2,082円 (-14.9%)
 上昇余地 -808円 (-28.0%)

 理論上限 3,840円/上限余地 +32.9%
 株価診断 [やや割高] 倒産確率 0.00%

 * * *

m6047_20190115
Copyright (C) 2019 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 上昇余地
現在値 2,890円 2,082円 (323円+1,759円) -28.0%
1年前 2,967円 1,119円 (290円+829円) -62.3%
2年前 2,342円 950円 (267円+683円) -59.5%
3年前 532円 304円 (235円+69円) -42.9%

Gunosyの資産価値は3年前の235円から323円に増加し、
事業価値は、69円から1,759円へ拡大しました。
この期間の株価は、532円から2,890円(理論株価は304円→2,082円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の上昇余地は、
3年間に-42.9%から-28.0%へと改善しました。

また、Gunosyの理論株価は事業価値の比率が84.5%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。