[1Q決算]<3391>ツルハHDの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ツルハHDの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 10,180円→12,761円 (+25.4%)
 上昇余地 +591円 (+4.9%)

 目標・上限株価 22,239円/上昇上限 +82.7%
 株価診断 [適正] 倒産確率 0.00%

 * * *

m3391_20190917
Copyright (C) 2019 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる目標・上限株価(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 上昇余地
現在値 12,170円 12,761円 (3,283円+9,478円) +4.9%
1年前 13,990円 10,797円 (3,004円+7,793円) -22.9%
2年前 13,450円 11,371円 (2,546円+8,825円) -15.5%
3年前 11,640円 9,367円 (2,311円+7,056円) -19.6%
4年前 10,290円 6,284円 (2,049円+4,235円) -39.0%

ツルハHDの資産価値は4年前の2,049円から3,283円に増加し、
事業価値は、4,235円から9,478円へ拡大しました。
この期間の株価は、10,290円から12,170円(理論株価は6,284円→12,761円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の上昇余地は、
4年間に-39.0%から+4.9%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

[2Q決算]<3665>エニグモの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、エニグモの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 1,288円→1,245円 (-3.3%)
 上昇余地 +14円 (+1.1%)

 目標・上限株価 2,369円/上昇上限 +92.4%
 株価診断 [適正] 倒産確率 0.00%

 * * *

m3665_20190914
Copyright (C) 2019 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる目標・上限株価(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 上昇余地
現在値 1,231円 1,245円 (121円+1,124円) +1.1%
1年前 935円 1,036円 (89円+947円) +10.8%
2年前 556円 713円 (66円+647円) +28.2%
3年前 1,008円 799円 (43円+756円) -20.8%
4年前 500円 47円 (47円+0円) -90.6%
5年前 550円 443円 (42円+401円) -19.5%

エニグモの資産価値は5年前の42円から121円に増加し、
事業価値は、401円から1,124円へ拡大しました。
この期間の株価は、550円から1,231円(理論株価は443円→1,245円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の上昇余地は、
5年間に-19.5%から+1.1%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

[3Q決算]<3038>神戸物産の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、神戸物産の理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 4,678円→4,790円 (+2.4%)
 上昇余地 -320円 (-6.3%)

 目標・上限株価 9,053円/上昇上限 +77.2%
 株価診断 [適正] 倒産確率 0.00%

 * * *

m3038_20190912
Copyright (C) 2019 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる目標・上限株価(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 上昇余地
現在値 5,110円 4,790円 (527円+4,263円) -6.3%
1年前 3,230円 3,129円 (414円+2,715円) -3.2%
2年前 2,525円 2,402円 (310円+2,092円) -4.9%
3年前 1,397円 556円 (244円+312円) -60.3%
4年前 2,703円 976円 (276円+700円) -63.9%
5年前 518円 524円 (232円+292円) +1.2%

神戸物産の資産価値は5年前の232円から527円に増加し、
事業価値は、292円から4,263円へ拡大しました。
この期間の株価は、518円から5,110円(理論株価は524円→4,790円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の上昇余地は、
5年間に+1.2%から-6.3%へと低下しました。

また、神戸物産の理論株価は事業価値の比率が89.0%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

[1Q決算]<3134>Hameeの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、Hameeの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 1,167円→2,377円 (+103.7%)
 上昇余地 +1,666円 (+234.3%)

 目標・上限株価 4,556円/上昇上限 +540.8%
 株価診断 [割安] 倒産確率 0.00%

 * * *

m3134_20190911
Copyright (C) 2019 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる目標・上限株価(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 上昇余地
現在値 711円 2,377円 (199円+2,178円) +234.3%
1年前 1,579円 1,080円 (171円+909円) -31.7%
2年前 1,718円 1,054円 (131円+923円) -38.7%
3年前 1,003円 355円 (89円+266円) -64.7%

Hameeの資産価値は3年前の89円から199円に増加し、
事業価値は、266円から2,178円へ拡大しました。
この期間の株価は、1,003円から711円(理論株価は355円→2,377円)に下落しています。

理論株価を基準とした株価の上昇余地は、
3年間に-64.7%から+234.3%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

[3Q決算]<7640>トップカルチの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、トップカルチの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 240円→185円 (-22.9%)
 上昇余地 -150円 (-44.8%)

 目標・上限株価 209円/上昇上限 -37.7%
 株価診断 [割高] 倒産確率 0.10%

 * * *

m7640_20190907
Copyright (C) 2019 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる目標・上限株価(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 上昇余地
現在値 335円 185円 (160円+25円) -44.8%
1年前 414円 155円 (155円+0円) -62.6%
2年前 518円 355円 (352円+3円) -31.5%
3年前 485円 490円 (351円+139円) +1.0%
4年前 509円 477円 (342円+135円) -6.3%

トップカルチの資産価値は4年前の342円から160円に減少し、
事業価値は、135円から25円へ縮小しています。
この期間の株価は、509円から335円(理論株価は477円→185円)に下落しています。

理論株価を基準とした株価の上昇余地は、
4年間に-6.3%から-44.8%へと低下しました。

トップカルチの株価は割高のメドとなる目標・上限株価を上回っています。
株価と目標・上限株価が連動して上昇する場合もありますが、
株価だけ大きく上振れした場合は、天井サインとなります。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

[2Q決算]<1928>積ハウスの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、積ハウスの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 2,101円→3,889円 (+85.1%)
 上昇余地 +1,997円 (+105.5%)

 目標・上限株価 6,528円/上昇上限 +245.0%
 株価診断 [割安] 倒産確率 0.00%

 * * *

m1928_20190905
Copyright (C) 2019 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる目標・上限株価(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 上昇余地
現在値 1,892円 3,889円 (1,250円+2,639円) +105.5%
1年前 1,733円 2,570円 (1,225円+1,345円) +48.3%
2年前 1,897円 2,667円 (1,036円+1,631円) +40.6%
3年前 1,711円 2,532円 (1,022円+1,510円) +48.0%
4年前 1,865円 2,393円 (1,080円+1,313円) +28.3%

積ハウスの資産価値は4年前の1,080円から1,250円に増加し、
事業価値は、1,313円から2,639円へ拡大しました。
この期間の株価は、1,865円から1,892円(理論株価は2,393円→3,889円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の上昇余地は、
4年間に+28.3%から+105.5%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

投資日記ステーションの終了と成長株長期投資の新ブログについて

皆さんもご存じの通り、
エンジュクさんから
投資日記ステーション終了の
連絡がありました。

2006年から13年間もの長きに渡り、
投資日記ステーションに参加させていただき、
他の優秀な投資家の方々から、
たくさんの刺激をいただきながら、
投資家として成長させていただいたこと、
心より感謝を申し上げます。

はっしゃん自身も投資日記ステーションを通じて、
たくさんの情報を配信させていただいてきましたが、
今後は個人ブログの方に移管
させていただくことになりました。

早速ですが、皆さまから好評いただいている
長期投資の経過をリアルタイムで報告する
「成長株長期投資」の企画については、
企画開始から5年目となっていますが、
下記のブログにて企画を継続して参ります。

第1回から7月末までの記事については、
移行を完了しています。

ブックマークの変更をお願いします。

株ブログ はっしゃん式 成長株長期投資
http://hashang.kabuka.biz/longterm/

[2Q決算]<7956>ピジョンの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ピジョンの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 2,573円→2,895円 (+12.5%)
 上昇余地 -920円 (-24.2%)

 目標・上限株価 5,361円/上昇上限 +40.5%
 株価診断 [やや割高] 倒産確率 0.00%

 * * *

m7956_20190902
Copyright (C) 2019 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる目標・上限株価(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 上昇余地
現在値 3,815円 2,895円 (430円+2,465円) -24.2%
1年前 6,400円 4,206円 (407円+3,799円) -34.3%
2年前 3,845円 2,908円 (356円+2,552円) -24.4%
3年前 3,040円 2,033円 (305円+1,728円) -33.2%
4年前 2,783円 1,753円 (297円+1,456円) -37.1%

ピジョンの資産価値は4年前の297円から430円に増加し、
事業価値は、1,456円から2,465円へ拡大しました。
この期間の株価は、2,783円から3,815円(理論株価は1,753円→2,895円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の上昇余地は、
4年間に-37.1%から-24.2%へと改善しました。

また、ピジョンの理論株価は事業価値の比率が85.2%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

成長株長期投資<第160回>消費税10%まであと1ヶ月

はっしゃんです。

今週も米中貿易戦争の緩和期待から
少し戻す展開が続きましたが、
日本株はNY市場と比べ弱い動きです。

現在、日本市場では配当利回り5%以上の
銘柄がなんと130社まで増えていて、
リーマン・ショック時と同等水準。

米中貿易戦争の悪影響に加え、
10月からの消費税10%増税の影響を
ある程度は織り込んだ数字と言えるでしょう。

10月以降の消費動向を確認した後、
次の動きが出てくるでしょう。

消費税10%増税まで残り1ヶ月。
投資家として、ここからどうするかですね。

S社は小反発でした。
ありがたいことです。

投資成績
 投資先:成長株S社
 評価額:1億6338万
 基準比:+1億2821万円 (+365%)
※基準比は平均購入単価ベースの変動率です。(小数点以下は切り捨て)

result160-min

※理論値は、はっしゃん式理論株価を使用し、理論株価×投資株数で計算しています。

成長株長期投資<第159回>消費税10%までは動けない

はっしゃんです。

今週は先週の急落から
小反発といった感じでしたが、
日本株は弱い動きになっています。

10月1日の消費税10%増税まで
あと40日を切り、NHKニュースでも
駆け込み商戦などの話題が出始めました。

消費税10%の影響を見極めるまでは、
上にも下にも動けないのではないかと。

S社は続落となりました。
ありがたいことです。

投資成績
 投資先:成長株S社
 評価額:1億6031万
 基準比:+1億2514万円 (+356%)
※基準比は平均購入単価ベースの変動率です。(小数点以下は切り捨て)

result159-min

※理論値は、はっしゃん式理論株価を使用し、理論株価×投資株数で計算しています。