[4Q決算]<9267>Genkyの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、Genkyの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 2,650円→3,578円 (+35.0%)
 修正余地 -292円 (-7.6%)

 理論上限 6,156円/上限余地 +59.1%
 株価診断 [適正] 倒産確率 0.0%

 * * *


m9267_20180720w
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 3,870円 3,578円 (1,000円+2,578円) -7.6%

[4Q決算]<3810>サイステップの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、サイステップの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 1,360円→1,274円 (-6.3%)
 修正余地 -957円 (-42.9%)

 理論上限 2,249円/上限余地 +0.8%
 株価診断 [やや割高] 倒産確率 0.0%

 * * *


m3810_20180717
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 2,231円 1,274円 (299円+975円) -42.9%
1年前 4,040円 243円 (198円+45円) -94.0%
2年前 301円 220円 (220円+0円) -27.0%
3年前 718円 299円 (299円+0円) -58.4%
4年前 1,429円 294円 (255円+39円) -79.5%

サイステップの資産価値は4年前の255円から299円に増加し、
事業価値は、39円から975円へ拡大しました。
この期間の株価は、1,429円から2,231円(理論株価は294円→1,274円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-79.5%から-42.9%へと改善しました。

また、サイステップの理論株価は事業価値の比率が76.5%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

成長株長期投資<第115回>決算分析と長期投資

はっしゃんです。

「成長株長期投資」のエントリーは、
成長株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績
 評価額:9508万円
 基準比:+5991万円(+170%)

corp_s

今週は米中貿易摩擦が発動から、
悪材料出尽くしとなり反発しました。
S社も少し戻しています。

 * * *

今日は「決算分析と長期投資」について。

四半期ごとに発表される決算は、
企業の成長を数字で確認する
重要なイベントです。

決算結果次第で成長シナリオが
変わってくるケースもあり、
株価が大きく動くこともあります。

決算分析というと「難しい」
と思うかもしれませんが、
ポイントを抑えてしまえば、
それほど難しいものではありません。

今回は、PL(損益計算書)を使った
決算分析を紹介します。

 * * *

PL分析でポイントとなるのは、
売上、売上総利益(粗利)、販管費の3つ。

特に重要なのは、売上です。
経営計画では売上目標を前提として、
原価や経費の予算を組むので、
売上が達成できなければ、
利益は減少してしまいます。

まずは、売上を達成できたか。
前年比で成長しているかを確認します。

 * * *

売上の次に利益を見ていきますが、
まず、売上総利益です。

売上総利益(粗利)は、
売上から売上原価を引いて計算します。

 売上総利益 = 売上 - 売上原価

plchart3

原価300円で仕入れた弁当を
400円で売れば粗利は100円です。

原価は需要と供給で変動します。
例えば、景気が過熱してくると、
需要が供給を上回ってくるため、
調達コストが原価を押し上げます。

原価が350円に上昇した弁当を
同じ400円で売れば粗利は50円。
利益が半分になる計算です。

同じ利益を確保するためには、
450円に値上げする必要がありますが、
高いと売れないかもしれませんね。

もっとも、原価の急変動は少なく、
売上に対する原価の割合は、
ある程度、一定になります。

弁当の場合は素材の質を落としたり、
おかずの点数を減らすなど、
顧客ニーズを合った対処が可能です。

従って、前期の売上原価率を流用し、
今期の売上が予測できれば、
売上総利益もまた計算できます。

 * * *

販管費は、人件費や広告宣伝費、
賃借料、水道光熱費などの諸経費です。

これらは売上とは関係なく、
店舗数や従業員数などに比例します。

つまり過去の店舗数と販管費の関係から
1店舗あたりの販管費を計算すれば、
店舗数が増えてもある程度予測できます。

営業利益は売上総利益から販管費を引いたもの。
つまり、販管費が損益分岐となり、
売上総利益より販管費が小さいほど利益が多く、
売上総利益を販管費が超えると赤字になります。

plchart2

 * * *

利益には、
「営業利益」「経常利益」「純利益」
の3種類があり、
純利益を発行済み株式数で割った
1株利益(EPS)
がよく使われます。

ただし、純利益には、特別損益などの
継続性のない一時的収益が入ることもあり、
この場合は、経常利益に実効税率を
乗じたものを使います。

利益が予測できれば、
株価はEPS×PERで計算できますから、
妥当PERが同じだと仮定すると
「EPSが2倍になれば、株価も2倍になる」
と予測できるわけです。

(妥当PERの予測を含めた詳細な
 分析には理論株価を使います。)

 * * *

決算分析で最も重要なのは、
実践の積み重ねです。

数をこなしていくうちに
徐々に慣れてくるでしょうし、
予測可能範囲も分かります。

そして、長期投資で優位に
立てるようになると思います。

最後に、はっしゃんが監修した
PL分析ツールを紹介しておきます。

このツールでは決算書から、
8項目の数値を入力するだけで、
損益計算書[PL]チャートを作成したり、
作ったチャートをシェアできます。
日本、IFRS、米国の3基準に対応。

損益計算書[PL]チャート

ツールを活用してPLをビジュアル化したり、
決算分析、業績予測に活用してください。

ありがたいことです。

日付 S社 TOPIX
評価額(万円) 損益額(万円) 基準比 終値 基準比
<第115回>2018/07/14 9508 +5991 +170% 1730 +5%
<第114回>2018/07/06 8938 +5823 +166% 1692 +3%
<第113回>2018/06/01 9655 +6138 +175% 1749 +6%
<第112回>2018/05/11 1億516 +7000 +199% 1794 +9%
<第111回>2018/04/27 1億639 +7122 +203% 1777 +8%
<第110回>2018/04/20 1億500 +6983 +199% 1751 +6%
<第100回>2018/01/19 8536 +5019 +143% 1889 +15%
<第90回>2017/10/20 9889 +6372 +181% 1730 +5%
<第80回>2017/08/11 8318 +4801 +137% 1617 -2%
<第70回>2017/05/26 6650 +3133 +89% 1569 -5%
<第60回>2017/03/17 5072 +1672 +49% 1565 -5%
<第50回>2016/12/30 3958 +1151 +41% 1518 -8%
<第40回>2016/07/29 3101 +294 +11% 1322 -20%
<第30回>2016/03/04 3206 +399 +12% 1375 -17%
<第20回>2015/12/04 3444 +637 +23% 1574 -4%
<第10回>2015/09/25 2979 +172 +6% 1453 -12%
<第1回>2015/07/30 2807 0 0% 1647 0%

基準比は第1,53,66回をベースとした変動率です。(小数点以下は四捨五入)

[1Q赤転]<3558>ロコンドの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ロコンドの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 236円→215円 (-8.9%)
 修正余地 -875円 (-80.3%)

 理論上限 215円/上限余地 -80.3%
 株価診断 [超割高] 倒産確率 0.1%

 * * *


m3558_20180713
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 1,090円 215円 (215円+0円) -80.3%
1年前 1,103円 244円 (231円+13円) -77.9%

ロコンドの資産価値は1年前の231円から215円に減少し、
事業価値は、13円から0円へ縮小しています。
この期間の株価は、1,103円から1,090円(理論株価は244円→215円)に下落しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
1年間に-77.9%から-80.3%へと低下しました。

ロコンドの株価は割高のメドとなる理論上限を大きく上回っています。
株価と理論上限に連動性が認められる場合もありますが、
株価だけ大きく上昇した場合は、天井サインとなります。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[3Q決算]<9983>ファストリの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ファストリの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 50,934円→46,527円 (-8.7%)
 修正余地 -2,703円 (-5.5%)

 理論上限 87,771円/上限余地 +78.3%
 株価診断 [適正] 倒産確率 0.0%

 * * *


m9983_20180712
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 49,230円 46,527円 (5,283円+41,244円) -5.5%
1年前 33,120円 35,007円 (5,015円+29,992円) +5.7%
2年前 33,430円 7,925円 (4,593円+3,332円) -76.3%
3年前 61,370円 22,768円 (5,201円+17,567円) -63.0%
4年前 34,405円 15,621円 (4,362円+11,259円) -54.6%

ファストリの資産価値は4年前の4,362円から5,283円に増加し、
事業価値は、11,259円から41,244円へ拡大しました。
この期間の株価は、34,405円から49,230円(理論株価は15,621円→46,527円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-54.6%から-5.5%へと改善しました。

また、ファストリの理論株価は事業価値の比率が88.6%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[4Q決算]<6552>ゲームウィズの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ゲームウィズの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 1,456円→1,124円 (-22.8%)
 修正余地 -334円 (-23.0%)

 理論上限 2,137円/上限余地 +46.6%
 株価診断 [やや割高] 倒産確率 0.0%

 * * *


m6552_20180711w
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 1,458円 1,124円 (110円+1,014円) -23.0%
1年前 1,935円 1,032円 (65円+967円) -46.7%

ゲームウィズの資産価値は1年前の65円から110円に増加し、
事業価値は、967円から1,014円へ拡大しました。
この期間の株価は、1,935円から1,458円(理論株価は1,032円→1,124円)に下落しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
1年間に-46.7%から-23.0%へと改善しました。

また、ゲームウィズの理論株価は事業価値の比率が90.2%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[1Q決算]<2726>パルHDの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、パルHDの理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 3,500円→4,631円 (+32.3%)
 修正余地 +2,269円 (+96.1%)

 理論上限 8,126円/上限余地 +244.0%
 株価診断 [割安] 倒産確率 0.0%

 * * *


m2726_20180710
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 2,362円 4,631円 (1,135円+3,496円) +96.1%
1年前 3,525円 4,511円 (1,107円+3,404円) +28.0%
2年前 2,439円 2,465円 (1,045円+1,420円) +1.1%
3年前 3,920円 3,342円 (1,048円+2,294円) -14.8%
4年前 2,927円 2,448円 (990円+1,458円) -16.4%

パルHDの資産価値は4年前の990円から1,135円に増加し、
事業価値は、1,458円から3,496円へ拡大しました。
この期間の株価は、2,927円から2,362円(理論株価は2,448円→4,631円)に下落しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-16.4%から+96.1%へと拡大しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

成長株長期投資<第114回>長期投資と同業他社比較

はっしゃんです。

「成長株長期投資」のエントリーは、
成長株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績
 評価額:8938万円
 基準比:+5823万円(+166%)

corp_s

1ヶ月ぶりの長期投資企画です。
今週は米中貿易摩擦懸念などから、
全体的に大きく売られました。

S社も直近安値を更新しましたが、
今のところ投資方針に変更はありませんよ。(笑)

 * * *

今日は「長期投資と同業他社比較」について。

 他社が真似できないビジネスモデルを有する企業は
オンリーワン企業と呼ばれます。
 競争相手に対して優位にあるオンリーワン企業は、
売上、利益で大幅な伸びを期待できます。

 例えばハイブリッド技術で優位を得たトヨタ自動車は、
世界トップにまで登り詰めました。
 最近では、メルカリがヤフオクやリユース店に対し、
大衆の支持を得て急成長。上場を果たしました。

 トヨタやメルカリ以外にもあらゆる業種・業界で、
小さなオンリーワン、成長企業は存在しています。
 理想的な長期投資の1つが、このような成長企業を
割安な時期に発掘・投資し、大きなリターン狙うものです。

 * * *

 オンリーワン企業は数字からも探せます。
キーになる指標は、売上成長率と経常利益率、
そして、理論株価です。
 これらを同業他社との相対比較で見ていきます。

 まず、確認したいのが売上成長率です。
一般に売上規模が少ない企業ほど、市場規模は小さく、
競合も少ないため、成長率が高くなります。
 しかし、企業規模が大きくなるにつれて、
競争も激しくなり、成長率は低下してきます。

 同業他社の中で売上規模と成長率を比べてみて、
突出している企業があれば注目株といえます。

 成長率と時間の関係は表の通りですが、
成長は進行形ですから時系列での比較も重要です。
(5年間も高成長を維持できることは少ない)

growth

 * * *

 売上の次に重要になってくるのが経常利益率です。
投資家にとって優れたビジネスモデルとは、
優れた収益モデルでもあるからです。

 将来性のある市場で優位を得ている企業の場合、
市場獲得を優先し、利益より売上を追求するケースも
あるのですが、これには不確実性が伴います。

 はっしゃんは、個人投資家の立場から、
本当に優れたビジネスモデルとは、利益を出しながら、
成長できるモデルだと考えています。

 将来性ある赤字企業への投資は否定しませんが、
利益を出せないモデルに偽物が多いのも事実。
 失敗が許されない個人投資家にとってリスキーである
と考えるべきでしょう。

 * * *

 基本的に利益は、売上に比例して拡大するので、
売上規模が大きいほど、利益もまた大きくなります。

 そもそも利益はスケールメリットの影響を受けるので、
上位の企業ほど利益率が高い傾向にあります。
 したがって、中下位グループに利益率が高い企業が
あれば注目に値します。
 さらに売上成長が連動していれば言うことなしです。

 また、利益率が低い企業にもオンリーワン企業は、
存在しています。キーワードは回転率と資本効率です。
 例えば、

 資本50万円のA社が100万円分の商品を
 仕入れ販売し、利益20万円で利益率20%

 同資本50万円のB社が2倍の200万円分の商品を
 仕入れ販売して利益20万円なら利益率10%

B社の利益率はA社の半分ですが、
資本回転率は4倍でA社の2倍になるので、
資本効率では同等になります。

 例のように利益率や回転率には、
同業他社間でも違いがありますから、
 投資家として資本効率の観点から、
収益モデルを比較・分析してみましょう。

 ちなみに、A社とB社の事業価値を理論株価で
計算すると、同価値になります。
 利益率が低くても、資本効率の高い
成長企業が浮かび上がることもあるわけです。
 (自己資本比率が極端に低い場合を除く)

 * * *

 最後に、多くのオンリーワン企業は成長企業として、
市場から既に高く評価されています。
 理論株価を計算するなど、時価と将来価値を比較し、
投資判断できる客観的な基準を持つのがベターでしょう。

ありがたいことです。

日付 S社 TOPIX
評価額(万円) 損益額(万円) 基準比 終値 基準比
<第114回>2018/07/06 8938 +5823 +166% 1692 +3%
<第113回>2018/06/01 9655 +6138 +175% 1749 +6%
<第112回>2018/05/11 1億516 +7000 +199% 1794 +9%
<第111回>2018/04/27 1億639 +7122 +203% 1777 +8%
<第110回>2018/04/20 1億500 +6983 +199% 1751 +6%
<第100回>2018/01/19 8536 +5019 +143% 1889 +15%
<第90回>2017/10/20 9889 +6372 +181% 1730 +5%
<第80回>2017/08/11 8318 +4801 +137% 1617 -2%
<第70回>2017/05/26 6650 +3133 +89% 1569 -5%
<第60回>2017/03/17 5072 +1672 +49% 1565 -5%
<第50回>2016/12/30 3958 +1151 +41% 1518 -8%
<第40回>2016/07/29 3101 +294 +11% 1322 -20%
<第30回>2016/03/04 3206 +399 +12% 1375 -17%
<第20回>2015/12/04 3444 +637 +23% 1574 -4%
<第10回>2015/09/25 2979 +172 +6% 1453 -12%
<第1回>2015/07/30 2807 0 0% 1647 0%

基準比は第1,53,66回をベースとした変動率です。(小数点以下は四捨五入)

[下方修正]<3193>鳥貴族の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、鳥貴族の理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 1,872円→1,250円 (-33.2%)
 修正余地 -1,182円 (-48.7%)

 理論上限 2,099円/上限余地 -13.7%
 株価診断 [割高] 倒産確率 0.0%

 * * *


m3193_20180706
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 2,432円 1,250円 (402円+848円) -48.7%
1年前 2,580円 1,213円 (338円+875円) -53.0%
2年前 1,925円 1,064円 (294円+770円) -44.8%
3年前 2,460円 809円 (155円+654円) -67.2%

鳥貴族の資産価値は3年前の155円から402円に増加し、
事業価値は、654円から848円へ拡大しました。
この期間の株価は、2,460円から2,432円(理論株価は809円→1,250円)に下落しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
3年間に-67.2%から-48.7%へと改善しました。

鳥貴族の株価は割高のメドとなる理論上限を上回っています。
株価と理論上限が連動して上昇する場合もありますが、
株価だけ大きく上振れした場合は、天井サインとなります。

また、鳥貴族の理論株価は事業価値の比率が67.9%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[1Q決算]<3385>薬王堂の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、薬王堂の理論株価チャートを分析してみましょう。

 最新の理論株価 2,738円→2,484円 (-9.3%)
 修正余地 -1,231円 (-33.2%)

 理論上限 4,400円/上限余地 +18.4%
 株価診断 [やや割高] 倒産確率 0.0%

 * * *


m3385_20180705
Copyright (C) 2018 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャートの資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
水色は、割高ラインとなる理論上限(資産価値+事業価値x2)を表します。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 3,715円 2,484円 (567円+1,917円) -33.2%
1年前 3,015円 3,376円 (487円+2,889円) +12.0%
2年前 2,037円 1,647円 (413円+1,234円) -19.2%
3年前 1,117円 1,034円 (359円+675円) -7.5%
4年前 363円 840円 (326円+514円) +131.4%
5年前 380円 1,079円 (303円+776円) +183.9%

薬王堂の資産価値は5年前の303円から567円に増加し、
事業価値は、776円から1,917円へ拡大しました。
この期間の株価は、380円から3,715円(理論株価は1,079円→2,484円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
5年間に+183.9%から-33.2%へと低下しました。

また、薬王堂の理論株価は事業価値の比率が77.2%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。