[今期増額]<4343>イオンファンの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、イオンファンの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *

m4343_20170419
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 2,800円 1,567円 (898円+669円) -44.1%
1年前 2,416円 1,233円 (868円+365円) -49.0%
2年前 1,910円 1,711円 (878円+833円) -10.5%
3年前 1,267円 1,503円 (838円+665円) +18.6%
4年前 1,809円 1,817円 (814円+1,003円) +0.4%

イオンファンの資産価値は4年前の814円から898円に増加し、
事業価値は、1,003円から669円へ縮小しています。
この期間の株価は、1,809円から2,800円(理論株価は1,817円→1,567円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+0.4%から-44.1%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

割安株長期投資<第64回>売り加速

はっしゃんです。

「割安株長期投資」のエントリーは、
割安株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績

 基準比: +1728万円(+51%)

 今週も地政学的リスクから売りが加速し、
 為替が先導する形で全面安となりました。

 あえなく離陸に失敗したS社も続落し、
 再出発に向けて立て直し中といったところ。

 外部環境的にはひとつの山場が今週末だと思われますが、
 その後は決算発表で選別が進むと思っています。
 外部環境も重要ですが、個別株投資の本質は業績。

 ありがたいことです。

日付 S社 TOPIX
評価額(万円) 損益額(万円) 基準比 終値 基準比
<第64回>2017/04/14 5128 +1728 +51% 1459 -12%
<第63回>2017/04/07 5348 +1948 +57% 1489 -10%
<第62回>2017/03/31 5512 +2112 +62% 1512 -8%
<第61回>2017/03/24 5360 +1960 +58% 1543 -6%
<第60回>2017/03/17 5072 +1672 +49% 1565 -5%
<第53回>2017/01/27 4896 +1496 +44% 1549 -6%
<第50回>2016/12/30 3958 +1151 +41% 1518 -8%
<第40回>2016/07/29 3101 +294 +11% 1322 -20%
<第30回>2016/03/04 3206 +399 +12% 1375 -17%
<第20回>2015/12/04 3444 +637 +23% 1574 -4%
<第10回>2015/09/25 2979 +172 +6% 1453 -12%
<第1回>2015/07/30 2807 0 0% 1647 0%

基準比は第1回および第53回をベースとした変動率です。(小数点以下は四捨五入)

[上方修正]<3810>サイステップの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、サイステップの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *

m3810_20170414
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 1,799円 733円 (166円+567円) -59.3%
1年前 373円 213円 (213円+0円) -42.9%
2年前 886円 247円 (247円+0円) -72.2%
3年前 1,183円 811円 (291円+520円) -31.5%
4年前 741円 413円 (267円+146円) -44.3%

サイステップの資産価値は4年前の267円から166円に減少し、
事業価値は、146円から567円へ拡大しました。
この期間の株価は、741円から1,799円(理論株価は413円→733円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-44.3%から-59.3%へと低下しました。

また、サイステップの理論株価は事業価値の比率が77.3%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

<2484>夢の街創造委員会の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、夢の街創造委員会の理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m2484_20170411
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 872円 215円 (42円+173円) -75.4%
1年前 491円 192円 (41円+151円) -60.9%
2年前 234円 137円 (39円+98円) -41.5%
3年前 297円 103円 (35円+68円) -65.4%
4年前 66円 57円 (43円+14円) -13.7%

夢の街創造委員会の資産価値は4年前の43円から42円にとどまり、
事業価値は、14円から173円へ拡大しました。
この期間の株価は、66円から872円(理論株価は57円→215円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-13.7%から-75.4%へと低下しました。

また、夢の街創造委員会の理論株価は事業価値の比率が80.6%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

割安株長期投資<第63回>あえなく離陸失敗

はっしゃんです。

「割安株長期投資」のエントリーは、
割安株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績

 基準比: +1948万円(+57%)

 今週は外的要因の悪化から全面安となり、
 日経平均をはじめ、多くの銘柄が安値を更新しました。

 一方、期待先行で上昇を開始していたS社は、
 あえなく離陸失敗。(笑)

 決算発表も近付いてきたことですし、
 再チャレンジまで、おとなしくしていた方が
 いいんじゃないですかね。

 ありがたいことです。

日付 S社 TOPIX
評価額(万円) 損益額(万円) 基準比 終値 基準比
<第63回>2017/04/07 5348 +1948 +57% 1489 -10%
<第62回>2017/03/31 5512 +2112 +62% 1512 -8%
<第61回>2017/03/24 5360 +1960 +58% 1543 -6%
<第60回>2017/03/17 5072 +1672 +49% 1565 -5%
<第53回>2017/01/27 4896 +1496 +44% 1549 -6%
<第50回>2016/12/30 3958 +1151 +41% 1518 -8%
<第40回>2016/07/29 3101 +294 +11% 1322 -20%
<第30回>2016/03/04 3206 +399 +12% 1375 -17%
<第20回>2015/12/04 3444 +637 +23% 1574 -4%
<第10回>2015/09/25 2979 +172 +6% 1453 -12%
<第1回>2015/07/30 2807 0 0% 1647 0%

基準比は第1回および第53回をベースとした変動率です。(小数点以下は四捨五入)

割安株長期投資<第62回>3週連続新高値で離陸開始

はっしゃんです。

「割安株長期投資」のエントリーは、
割安株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績

 基準比: +2112万円(+62%)

 今週も全体的には調整となり、
 IPO銘柄や新興株が買われました。
 トランプ相場もそろそろ曲がり角でしょうか。

 先週、離陸サインが点灯したS社は、
 今週も買いが集まり3週連続の新高値。
 いよいよ離陸を開始しましたが、
 外部環境が怪しくなってきましたね。

 そもそも今回は期待先行型の離陸なので、
 梯子を外される可能性も高そうですが。

 ありがたいことです。

日付 S社 TOPIX
評価額(万円) 損益額(万円) 基準比 終値 基準比
<第62回>2017/03/31 5512 +2112 +62% 1512 -8%
<第61回>2017/03/24 5360 +1960 +58% 1543 -6%
<第60回>2017/03/17 5072 +1672 +49% 1565 -5%
<第53回>2017/01/27 4896 +1496 +44% 1549 -6%
<第50回>2016/12/30 3958 +1151 +41% 1518 -8%
<第40回>2016/07/29 3101 +294 +11% 1322 -20%
<第30回>2016/03/04 3206 +399 +12% 1375 -17%
<第20回>2015/12/04 3444 +637 +23% 1574 -4%
<第10回>2015/09/25 2979 +172 +6% 1453 -12%
<第1回>2015/07/30 2807 0 0% 1647 0%

基準比は第1回および第53回をベースとした変動率です。(小数点以下は四捨五入)

[今期増額]<9843>ニトリHDの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、ニトリHDの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m9843_20170328
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 13,260円 11,944円 (2,824円+9,120円) -10.0%
1年前 10,310円 9,155円 (2,236円+6,919円) -11.3%
2年前 8,140円 7,863円 (2,105円+5,758円) -3.5%
3年前 4,475円 7,794円 (1,687円+6,107円) +74.2%
4年前 3,600円 7,150円 (1,430円+5,720円) +98.6%

ニトリHDの資産価値は4年前の1,430円から2,824円に増加し、
事業価値は、5,720円から9,120円へ拡大しました。
この期間の株価は、3,600円から13,260円(理論株価は7,150円→11,944円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+98.6%から-10.0%へと低下しました。

また、ニトリHDの理論株価は事業価値の比率が76.4%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

[下方修正]<9627>アインHDの理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、アインHDの理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m9627_20170327
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 7,720円 2,633円 (1,180円+1,453円) -65.9%
1年前 5,770円 2,376円 (1,069円+1,307円) -58.9%
2年前 4,755円 1,939円 (946円+993円) -59.3%
3年前 2,388円 2,119円 (849円+1,270円) -11.3%
4年前 2,530円 2,087円 (750円+1,337円) -17.6%

アインHDの資産価値は4年前の750円から1,180円に増加し、
事業価値は、1,337円から1,453円へ拡大しました。
この期間の株価は、2,530円から7,720円(理論株価は2,087円→2,633円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に-17.6%から-65.9%へと低下しました。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。

割安株長期投資<第61回>離陸サイン点灯

はっしゃんです。

「割安株長期投資」のエントリーは、
割安株への長期投資の状況をリアルタイムで
お伝えすることを目的としています。

銘柄名は非公開となりますが、
割安成長株のS社を投資の好機と判断し、
集中投資で大きな値上がり益を狙っていきます。

このエントリーは投資結果が順調なら、
ずっと続いていくと思いますが、
投資の前提条件が変れば打ち切りとします。

皆さん、応援よろしくお願いします。

 * * *

■投資成績

 基準比: +1960万円(+58%)

 今週は全体的に調整色が強くなり、
 一部のIPOや新興株が買われました。

 一方、先週から動き出したS社は、
 引き続き買いが優勢で2週連続の新高値。

 数年来の高値をいったんブレイクしたものの、
 このラインでしばらく揉み合っていましたが、
 どうやら離陸サインが点灯した模様です。

 業績・理論株価が後から付いてくる
 見切り発車のパターンになりそうですが、
 期待外れにならないで欲しいものです。

 ありがたいことです。

日付 S社 TOPIX
評価額(万円) 損益額(万円) 基準比 終値 基準比
<第61回>2017/03/24 5360 +1960 +58% 1543 -6%
<第60回>2017/03/17 5072 +1672 +49% 1565 -5%
<第53回>2017/01/27 4896 +1496 +44% 1549 -6%
<第50回>2016/12/30 3958 +1151 +41% 1518 -8%
<第40回>2016/07/29 3101 +294 +11% 1322 -20%
<第30回>2016/03/04 3206 +399 +12% 1375 -17%
<第20回>2015/12/04 3444 +637 +23% 1574 -4%
<第10回>2015/09/25 2979 +172 +6% 1453 -12%
<第1回>2015/07/30 2807 0 0% 1647 0%

基準比は第1回および第53回をベースとした変動率です。(小数点以下は四捨五入)

<3038>神戸物産の理論株価チャート分析

はっしゃんです。

今回は理論株価と株価を時系列で比較できる
理論株価チャートを紹介します。
今日は、神戸物産の理論株価チャートを分析してみましょう。

 * * *


m3038_20170322
Copyright (C) 2017 tolkien soft, 【株価ブラウザ明日香】

理論株価は、財務情報をベースに資産価値+事業価値で算出します。
チャート中の資産価値は緑色、理論株価はオレンジ色のラインで表示されます。
チャート下段のピンク色のラインは修正余地の推移を示しています。

株価 理論株価(資産価値+事業価値) 修正余地
現在値 4,405円 2,441円 (407円+2,034円) -44.6%
1年前 2,606円 1,604円 (344円+1,260円) -38.5%
2年前 2,153円 879円 (392円+487円) -59.2%
3年前 750円 867円 (364円+503円) +15.6%
4年前 570円 975円 (305円+670円) +71.1%

神戸物産の資産価値は4年前の305円から407円に増加し、
事業価値は、670円から2,034円へ拡大しました。
この期間の株価は、570円から4,405円(理論株価は975円→2,441円)に上昇しています。

理論株価を基準とした株価の修正余地は、
4年間に+71.1%から-44.6%へと低下しました。

また、神戸物産の理論株価は事業価値の比率が83.3%と高く、
好業績と成長期待から高い株価が維持されています。
事業価値は業績に連動して大きく変動しますので注意が必要です。

株価と理論株価は必ずしも一致するわけではありませんが、
チャートからも明らかなように中長期では連動する傾向があり、
業績変化から株価の変動メドを推定するのに有用です。

理論株価チャートの作成方法は、
【はっしゃん式】財務チャート作成方法
で詳しく解説しています。